退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

映画

【読書感想】『黄金の6年間 1978-1983 ~素晴らしきエンタメ青春時代』(日経BP、2022年)

1980年代の音楽情報発信サイト「Re:minder-リマインダー」の人気連載の書籍化。黄金の6年間 1978-1983 ~素晴らしきエンタメ青春時代作者:指南役日経BPAmazon「黄金の6年間」として1978年から1983年を取り上げている。正直、この6年間が特別なのかよくわから…

【映画感想】『ファンシイダンス』(1989) / 周防正行監督初の一般映画

周防正行監督初の一般向け映画『ファンシイダンス』(1989年)を鑑賞。原作は岡野玲子による少女漫画。本木雅弘の初主演作でもある。大映映画。ファンシイダンス [DVD]本木雅弘Amazonシティボーイを気取っていた塩野陽平(本木雅弘)は、実家の寺を継ぐために…

【映画感想】『トップガン マーヴェリック』(2022) / 1986年『トップガン』の36年振りの続編

近所のシネコンでついに映画『トップガン マーヴェリック』(2022年、監督:ジョセフ・コシンスキー)を見てきた。『トップガン』(1986年)の36年振りの続編。主演はトム・クルーズ。ピート・“マーヴェリック”・ミッチェル海軍大佐(トム・クルーズ)は、極超…

【映画感想】『希望の乙女』(1958) / 美空ひばりの芸能生活10周年記念作品

YouTubeの「TOEI Xstream theater」チャンネルで映画『希望の乙女』(1958年、監督:佐々木康)を鑑賞。美空ひばりの芸能生活10周年記念作品。東映らしからぬオシャレなミュージカル映画。主演は美空ひばり。相手役として高倉健が出演している。希望の乙女 [DV…

【映画】『顔役』(1971) / 勝新太郎の初監督作品。もちろん主演です

新文芸坐の《没後25年 異才・勝新太郎 型破りな表現者》という企画で、映画『顔役』(1971)を鑑賞。製作、監督、主演は勝新太郎、脚本は勝と菊島隆三の共同脚本という、まさに勝新の映画。勝プロダクション製作。顔役 <東宝DVD名作セレクション>勝新太郎Amazo…

【映画感想】『なぜ君は総理大臣になれないのか』(2020) / 野党議員・小川淳也の17年間を追ったドキュメンタリー映画

DVDで映画『なぜ君は総理大臣になれないのか』(2020年、監督:大島新)を鑑賞。立憲民主党の衆議院議員・小川淳也の17年間を追ったドキュメンタリー映画である。ポレポレ東中野で上映されていたのは知っていたが、コロナ禍だったこともあり見たいと思いながら…

【映画感想】『トップガン』(1986) / トム・クルーズ主演の戦闘機乗りの話

Amazonプライム・ビデオで映画『トップガン』(1986年、監督:トップガン)を鑑賞。言わずもがなのトム・クルーズ主演による戦闘機パイロットの映画。現在公開中の『トップガン マーヴェリック』の予習のために見てみた。トップガン スペシャル・コレクターズ…

【映画感想】『グランド・マスター』(2013) / ウォン・カーウァイ監督による葉問の伝記映画

録画しておいた映画『グランド・マスター』(2013年、監督:ウォン・カーウァイ)を鑑賞。詠春拳の達人として知られる武術家の葉問(イップ・マン)を描いた伝記映画。主演はトニー・レオン。グランド・マスター [Blu-ray]トニー・レオンAmazon北部と南部の流…

【映画感想】『嵐が丘』(1939) / エミリー・ブロンテの長編小説の映画化作品

Amazonプライム・ビデオで映画『嵐が丘』(1939年、監督:ウィリアム・ワイラー)を鑑賞。原作はエミリー・ブロンテの同名小説。学生時代に読破しようとして挫折した苦い記憶がある長編である。この小説は何度も映像化されているが、今回はワンクリックで手近…

【映画感想】『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』(1978) / 「宇宙戦艦ヤマトシリーズ」劇場版第2作

DVDで映画『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』(1978年)を鑑賞。劇場版第2作。最近、昭和の「宇宙戦艦ヤマト」を順不同で見直している。本作では白色彗星帝国と地球との戦いを描く。劇場版第1作がテレビアニメの総集編だったこともあり、本作がシリーズの…

【映画感想】『地獄』(1999) / 実在の凶悪犯罪事件をモデルにした石井輝男監督によるホラー映画

新文芸坐の《丹波哲郎 生誕100年祭》という企画上映で、映画『地獄』(1999年、脚本・監督:石井輝男)を鑑賞。主演は佐藤美樹。鬼才・石井輝男が連続幼女誘拐殺害事件、オウム事件、毒入りカレー事件など、実在の凶悪犯罪を再現して、事件を引き起こした犯罪…

【映画感想】『シン・ウルトラマン』(2022) / 庵野秀明x樋口真嗣によりリブート作品

近くのシネコンで映画『シン・ウルトラマン』(監督:樋口真嗣)を見てきた。1966年に放送された特撮テレビドラマ『ウルトラマン』のリブート映画。公開延期になったときはどうなるのか心配していたが、ずっと楽しみにしていた作品だった。映画館で見てよか…

【映画感想】『宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち』(1981) / デスラーの悲恋物語

DVDでアニメ映画『宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち』(1981年)を鑑賞。リメイク版の「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち」ではなく、昭和の「宇宙戦艦ヤマト」である。「宇宙戦艦ヤマトシリーズ」の第5作。シリーズ異色作。テレビアニメ『宇宙戦艦ヤマト2』の…

【映画感想】『ゴジラ』(1984) / ゴジラ誕生30周年記念映画

Amazonプライム・ビデオで「ゴジラ」シリーズが長い間配信されて重宝していたが、いよいよ配信終了というので、最後に映画『ゴジラ』(1984年、監督:橋本幸治)を見ることにした。特技監督は中野昭慶。ゴジラ(1984年度作品) [60周年記念版] [DVD]小林桂樹Amaz…

【映画感想】『鋼の錬金術師』(2017) / 人気コミックの実写化作品だけど、これでいいのかい

続編の完結編が前後二部作として公開間近である。そのプロモーションで第1作が地上波で放送されたので、映画『鋼の錬金術師』(2017年、監督:曽利文彦)を鑑賞。荒川弘による同名漫画を原作にした実写映画。主演は山田涼介(Hey!Say!JUMP)。鋼の錬金術師 ブ…

「映画秘宝」の最終号を読む

今年2月に「映画雑誌『映画秘宝』が再び休刊することになった」と版元の双葉社が発表した。そのとおり、5月号が事実上の最終号となった。映画秘宝 2022年5月号 [雑誌]双葉社Amazonスキャンダルの多い雑誌でだった。シネフィルにまともな人間はいないのだろう…

【訃報】渡辺裕之さん死去

5日、渡辺裕之さんが亡くなったことが報じられた。66歳。www.nikkansports.com渡辺さんは、大正製薬「リポビタンD」のCM内の「ファイトー! イッパーツ!」のキャッチフレーズで人気を博したことで広く知られている。ひとつのCMコピーがこれほどインパクトが…

【映画感想】『鯨と斗う男』(1957) / 近代捕鯨を題材にした高倉健主演作

YouTubeの「TOEI Xstream theater」チャンネルで映画『鯨と斗う男』(1957年、監督:津田不二夫)を鑑賞。主演は高倉健。鯨と斗う男佐野周二Amazon捕鯨船隼丸の船長権堂(佐野周二)は、部下に対する無慈悲な扱いや、鯨を見つけたら手段を選ばないやり方により…

【映画感想】『少年時代』(1990) / 藤子不二雄Aのマンガの映画化作品

藤子不二雄Aの追悼企画として放送された映画『少年時代』(1990年、監督:篠田正浩)を鑑賞。藤子不二雄Aにより1978年から1979年まで『週刊少年マガジン』(講談社)に連載された同名漫画の映画化作品。少年時代 [DVD]藤田哲也Amazon昭和19年。東京に住む小学5…

【映画感想】『ガンマー第3号 宇宙大作戦』(1968) / 東映が『海底大戦争』に続き、アメリカの映画会社ラム・フィルムとタッグを組んだSF特撮映画

先週、YouTubeの「TOEI Xstream theater」チャンネルで『海底大戦争』が配信されたので、次は『ガンマー第3号 宇宙大作戦』(1968年) だと思っていたが、案の定だった。深作欣二・田口勝彦の共同監督。この映画は、東映が『海底大戦争』に続きアメリカの映画…

『ユリイカ 2018年9月号 特集=濱口竜介』を読む

映画『ドライブ・マイ・カー』(2021年)の成功により、一躍マスコミの注目を集めた濱口竜介監督。もちろん唐突に世界の檜舞台に立つようになったわけではなく、以前より日本国外の主要映画祭で受賞を重ねていた。ドライブ・マイ・カー インターナショナル版 […

リニューアルされた新文芸坐に行ってきた

2022年1月末日より改装のため閉館していた新文芸坐が、4月15日よりリニューアルオープンしている。新文芸坐というのは、池袋の名画座である。コロナ禍以前はかなりの頻度で通っていたが、このご時世では行く機会も減っていた。それでも、リニューアル後に一…

【映画感想】『夜叉ヶ池』(1979) / 篠田正浩x坂東玉三郎によるファンタジー映画

新装なった新文芸坐で映画『夜叉ヶ池』(1979年、監督:篠田正浩)を鑑賞。幻想文学で知られる泉鏡花の戯曲を篠田正浩監督が映画化。当時、歌舞伎界を一世風靡していた女形・坂東玉三郎が映画に初出演したことで話題になった。長い間、権利関係の調整が難航し…

【映画感想】『海底大戦争』(1966) / 千葉真一主演のSF特撮アクション

YouTubeの「TOEI Xstream theater」チャンネルで配信されていた、映画『海底大戦争』(1966年、監督:佐藤肇)を鑑賞。東映とラム・フィルムが共同製作した日米合作映画。主演は千葉真一。海底大戦争 [DVD]千葉真一Amazon米国海軍潜水艦の新型魚雷の公開実験を…

【映画感想】『EUREKA』(2000) / 青山真治の代表作

DVDで映画『EUREKA』(2000年)を鑑賞。先月亡くなった青山真治監督の代表作。上映時間217分の大長編映画。ユリイカ(EUREKA) [DVD]役所広司Amazon九州で起きたバスジャック事件によって、心に深い傷を負った運転手の沢井(役所広司)、中学生の直樹(宮崎将)…

【映画感想】『レッド・オクトーバーを追え!』(1990) / ショーン・コネリー主演の潜水艦映画

録画しておいた映画『レッド・オクトーバーを追え!』(1990年、監督:ジョン・マクティアナン)を鑑賞。原作はトム・クランシーによる小説『レッド・オクトーバーを追え』、主演はショーン・コネリー。レッド・オクトーバーを追え!アドバンスト・コレクターズ…

【映画感想】『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』(2017) / フレデリック・ワイズマン監督によるドキュメンタリー映画

DVDを借りて映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』(原題:Ex Libris: The New York Public Library、2017年)を鑑賞。フレデリック・ワイズマン監督によるニューヨーク公共図書館に関するドキュメンタリー映画。上映時間205分の長尺で2枚組だった…

【映画感想】『山椒大夫』(1954) / 巨匠・溝口健二監督の代表作のひとつ

DVDで映画『山椒大夫』(1954年、監督:溝口健二)を鑑賞。先日読んだ『仕事と人生に効く教養としての映画』(伊藤弘了著)という本で言及されていたので、ふと見直してみたくなった。原作は森鴎外の小説。いわゆる安寿・厨子王伝説が元ネタで、よく知られてい…

【映画感想】『くちびるに歌を』(2015) / 合唱コンクールをテーマにしたガッキー主演作

DVDで映画『くちびるに歌を』(2015年、監督:三木孝浩)を鑑賞。原作は中田永一の青春小説。NHK全国学校音楽コンクールの課題曲となった「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」の作者であるアンジェラ・アキのテレビドキュメンタリーをもとに小説化された。劇中でもこ…

【映画感想】『銀河鉄道999』(1979) / 松本零士のSF漫画のアニメ化作品

DVDでアニメ映画『銀河鉄道999』(1979年、監督:りんたろう)を鑑賞。松本零士の同名SF漫画のアンドロメダ編を再構成した新作アニメ映画。東映動画にとって初の自社製作の劇場映画。市川崑が監修として参加している。銀河鉄道999野沢雅子Amazon未来の地球…