退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

【読書感想】浦戸宏『縄師 日活ロマンポルノSMドラマの現場』(筑摩書房、2015年)

筆者は、日活ロマンポルノの名作『花と蛇』『生贄夫人』などで谷ナオミを縛り、その他にも数々の日活SM作品で縛りを演出した伝説の縄師(ロープマン)である。筑摩書房 縛師 ─日活ロマンポルノ SMドラマの現場 / 浦戸 宏 著谷ナオミの緊縛姿の表紙を見たと…

「Go To Eat キャンペーン Tokyo」を使ってみて思ったこと

「Go To Eat キャンペーン Tokyo」とは、お得なプレミアム付食事券(購入金額の25%分を上乗せ)を利用して、感染予防対策に取り組みながら頑張っている東京都内の飲食店を応援するキャンペーンのこと。この食事券は購入時に「紙」と「デジタル」のどちらかを…

星野之宣のよる漫画版『日本のいちばん長い日』を読んでみた

半藤一利の同名ノンフィクションを、SF伝奇漫画の巨匠・星野之宣がコミカライズ版。上下巻。日本のいちばん長い日 (上) (文春e-book)作者:半藤一利・原作文藝春秋Amazon日本のいちばん長い日 (下) (文春e-book)作者:半藤一利・原作文藝春秋Amazonこれま…

【読書感想】野口悠紀雄『どうすれば日本人の賃金は上がるのか』(日経プレミアシリーズ、2022年)

どんどん物価が上がるのに賃金が上がらずにどうなっているのか、と思っている人は多いだろう。まさにタイムリーな一冊。ただしマクロ的な視点による分析・提案なので個人レベルの行動を直接示す内容ではない。どうすれば日本人の賃金は上がるのか (日経プレ…

Apple Watchの移行作業で困ったこと

少し前にApple Storeの初売りで購入したApple Watchの移行作業をしたのでメモを残しておく。Series 3からSE(第2世代)への以降である。watchOSのサポートが切られたので新しいApple Watchに買い替えた。 開封 細長いパッケージで届いた。以前、Series 3を導…

東工大+医科歯科大=東京科学大学という悪夢

19日、2024年度の統合を予定している国立の東京工業大学と東京医科歯科大学が新大学の名称を「東京科学大学」とすると発表された。www.titech.ac.jp東工大といえば、旧制大学からの長い伝統を持つ名門大学として知られている。その東工大の名称を捨てて、東…

M2 Mac mini ひっそりと登場

Mac

Appleは1月17日、Mac miniの新モデルを発表した。イベントでの発表ではなく、ひっそりと発表・予約開始となった。Mac miniユーザーとしては気になるニュースである。dc.watch.impress.co.jp少し前にMacBook AirはM2チップ搭載モデルが登場して、Mac miniは置…

【映画感想】『砂糖菓子が壊れるとき』(1967) / 若尾文子がマリリン・モンローとはこれ如何に

DVDで映画『砂糖菓子が壊れるとき』(1967年、監督:今井正)を鑑賞。マリリン・モンローをモデルにした曽野綾子の同名小説が原作。主演は若尾文子。砂糖菓子が壊れるとき [DVD]若尾文子Amazon美しく豊かな身体と愛すべき個性を武器にスターの座を獲得した女優…

テレビドラマ「まんが道 青春編」見終わりました

年末年始に録画した番組を消化中。少し前にBS12で放送されていたテレビドラマ「まんが道」(全15回)の続編。そのまま続編が放送されるかと思ったが肩透かしを食わされて、続編でえある「まんが道 青春編」(全15回)を見たいと思っていたが、ついに昨年末に本家…

第73回(2022年)NHK紅白歌合戦:勝手にベスト3

2022年大晦日に放送された紅白歌合戦は、3年ぶりに観客を入れたNHKホールで開催された。いまでは紅白歌合戦をリアルタイムで見ることはなくなり、年が明けてから録画をチェックするようになった。ようやく見終わったので、今年も勝手にベスト3を挙げてみた…

テレビ時代劇「家光謀殺」(1995年)

「東映時代劇YouTube」チャンネルでテレビ時代劇「家光謀殺」が配信されていたので鑑賞する。1995年にテレビ朝日系列で新春大型3時間時代劇スペシャルとして放送された時代劇ドラマ。主演は村上弘明。笹沢左保の小説「家光謀殺―東海道の攻防十五日」が原作。…

テレビ時代劇「戦国最後の勝利者!徳川家康」(1992年)

「東映時代劇YouTube」チャンネルでテレビ時代劇「戦国最後の勝利者!徳川家康」が配信されていたので鑑賞する。1992年にテレビ朝日系列で新春大型5時間時代劇スペシャルとして放送された時代劇ドラマ。主演は北大路欣也。昔は毎年のように年末年始に大型時…

「東京都、18歳以下に月5000円給付」で思ったこと

小池百合子東京都知事は4日、都庁での新年のあいさつで、少子化対策として新年度から、都内に住む0〜18歳の子ども1人に月5000円を給付する方針を明らかにした。www.tokyo-np.co.jp年始からこんなニュースが飛び込んできて驚いた。この施策は給付を受ける世帯…

Apple初売りでApple Watchを買った

今年もApple初売りが開催された。事前に対象製品が発表になっていたので、予定通りApple Watch SEを購入した。事前にApple Gift Cardを買っておいたので、それで支払いをした。今回の初売りではApple Watch SEの場合、8000円分のApple Gift Cardがもらえる。…

コンビニで実施中のキャンペーンで「Apple Gift Card」を買ってみた

大手コンビニ(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)でApple Gift Cardキャンペーンを実施している。期間は1月5日まで。game.watch.impress.co.jpApple Watch購入に備えてキャンペーンを利用してApple Gift Cardを購入することにした。コンビニに…

2022年に買ってよかったモノ

今年もあとわずかなので、今年買ったガジェットのなかで「買ってよかったモノ」を3つ選んでみました。 Jabra Elite 4 Active Jabra製のノイズキャンセル機能付きの完全ワイヤレスイヤホン。年末にAmazonブラックフライデーでまあまあ安価で購入しました。私…

「浅野いにお展-the personality of the city-」 @町田市民文学館ことばらんど

先日、町田市民文学館ことばらんどで開催されている「浅野いにお展-the personality of the city-」に行ってきました。漫画家・浅野いにおの作品の魅力に迫る展覧会です。作品ごとにコーナーが設けられていて、作品を振り返るのにも便利です。最初、なぜ町…

【映画感想】『忠臣蔵 櫻花の巻・菊花の巻』(1959) / 東映時代劇の黄金期の忠臣蔵

四十七士討ち入りの日にちなんでなのか「東映時代劇YouTube」チャンネルで配信されていた、映画『忠臣蔵 櫻花の巻・菊花の巻』(1959年、監督:松田定次)を鑑賞。「櫻花の巻」で赤穂城明け渡しまでを、「菊花の巻」で吉良邸討ち入りまでを描く二部構成で上映…

新文芸坐の「アプリ会員」になった

勝手に「現金支払いできない店舗リスト」をつくっているが、そのなかにずっとリスト入りしていたのが、名画座の新文芸坐。従来は「友の会」になって券売機に現金を投入していたが、やっと名画座にもITC活用の波が来てシステムが一新された。「プレ会員」を経…

新文芸坐で東宝版『忠臣蔵 花の巻・雪の巻』(1962年)を観る

《12月14日は四十七士討ち入りの日!》ということで、本当にひさしぶりに新文芸坐に出向いて、東宝版『忠臣蔵 花の巻・雪の巻』(1962年、監督:稲垣浩)を鑑賞する。1本立て。途中休憩あり。忠臣蔵 花の巻・雪の巻(2枚組)[東宝DVD名作セレクション]松本幸四郎…

【訃報】水木一郎さん死去

歌手の水木一郎さんが2022年12月6日、肺がんのため亡くなったことが報じられた。74歳。mainichi.jp水木さんは、「マジンガーZ」「仮面ライダー」などの主題歌の歌唱で知られ、アニメや特撮などの主題歌を多く担当し、「アニソン界の帝王」として長らく君臨し…

Jabra Elite 4 Activeを買ってみた

ノイズキャンセル機能付きのイヤホンを物色していたところ、Amazonブラックフライデーで「Jabra Elite 4 Active」を見つけたので買っみました。[Amazon.co.jp限定] Jabra Elite 4 Active 完全ワイヤレスイヤホン ブラック [国内正規品] アクティブノイズキャ…

【映画感想】『1917 命をかけた伝令』(2019) / 全編ワンカット縛りの戦争映画

DVDで映画『1917 命をかけた伝令』(2019年、監督:サム・メンデス)を鑑賞。原題は単に1917である。1917 命をかけた伝令 [DVD]ジョージ・マッケイAmazon1917年、第一次世界大戦真っ只中のヨーロッパ西部戦線。ドイツ軍は後退していたが、それは戦略的であり …

【読書感想】稲田豊史『映画を早送りで観る人たち ファスト映画・ネタバレ――コンテンツ消費の現在形』(光文社新書、2022年)

ネット上で小銭を稼いでいたファスト映画が一斉に摘発された。そのニュースを聞いて、「まあ違法だわな」と思ったが、それと同時にファスト映画にニーズがあることに訝しく思っていた。映画を早送りで観る人たち ファスト映画・ネタバレ――コンテンツ消費の現…

【読書感想】大内孝夫、田中マコト『音大出てどうするの?』(ヤマハミュージックエンタテイメントホールディングス、2021年)

少し前に『音大崩壊』という本を読んで、同じ著者による著書『「音大卒」は武器になる』の漫画版を見つけたので手にとって見た。音大出てどうするの?~マンガ『「音大卒」は武器になる』作者:大内 孝夫,田中 マコトヤマハミュージックエンタテイメントホール…

ABEMAのW杯中継がスゴすぎた…もうテレビの時代は終わったかも

カタールでサッカーのワールドカップ(以下、W杯)が始まった。私は、いわゆる「にわか」であるが、サッカー観戦は結構好きである。なるべく多くの試合をリアルタイムでみたい。今回のW杯は、ABEMAが全試合を無料配信すると発表していた。さっそくABEMAでW杯…

ふたりの岡田奈々

本ブログのアクセス数をチェックしていたら、ある記事のアクセスが急増していた。alltag.hatenablog.jpこれは、古いテレビ時代劇を紹介した記事だが、なぜいまこの記事に検索して飛んでくるのかと不審に思った。理由はすぐにわかった。AKB48の岡田奈々(1997…

パルテノン多摩に行ってきた(東京都立大学管弦楽団第61回定期演奏会)

本当に久しぶりにパルテノン多摩に行ってきた。パルテノン多摩というのは多摩市立の文化施設の愛称。最寄り駅は京王相模原線、小田急多摩線、 多摩モノレール「多摩センター駅」である。ずいぶん前に来たことがあるが、その頃はまだモノレールはなかったかも…

【読書感想】隅田英一郎『AI翻訳革命 ―あなたの仕事に英語学習はもういらない―』(朝日新聞出版、2022年)

ここ数年で急速に性能向上を見せている「自動翻訳技術」の最新動向を紹介するだけでなく、今後の教育への影響にまで言及している。タイトルに惹かれて手にとったが面白く読んだ。AI翻訳革命 ―あなたの仕事に英語学習はもういらない―作者:隅田 英一郎朝日新聞…

YAMAHAの電子ピアノ「Pシリーズ」から「P-125a」が登場したわけだが…

YAMAHAのポータブル電子ピアノ「Pシリーズ」から「P-125a」が発表された。jp.yamaha.comかねがね88鍵の電子ピアノがほしいと思っていたが、コロナの影響ですっかり品薄になり、販売価格が高騰するようになって、やや気持ちが冷めていた。最近はやや落ちつい…