退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

【映画感想】『雁』(1966) / 森鴎外の小説の映画化。池広一夫・若尾文子版

DVDで映画『雁』(1966年、監督:池広一夫)を鑑賞。原作は森鴎外の同名小説。大映映画。白黒映画。雁 [DVD]若尾文子Amazon貧しさのため高利貸(小沢栄太郎)に妾として囲われたお玉(若尾文子)は、家の前を通る医学生・岡田(山本学)に密かな恋心を抱くよ…

「緊急事態宣言」「重点措置」 対象拡大と期限延長がされたワケだが(9月12日まで)

政府は、緊急事態宣言の対象地域に、茨城、栃木、群馬、静岡、京都、兵庫、福岡の7府県を追加し、期間は今月20日から来月12日までとすることを決定した。これにより、わが東京の「緊急事態宣言」は9月12日まで延長されることになった。もう打つ手なしという…

「カブール陥落」で思ったこと

カブールが陥落して驚いた。バイデン米大統領は、9月11日を期限に米軍がアフガニスタンから撤退することを表明していた。それを待たずにタリバン軍は首都カブール以外の主要都市を次々に陥落させ、カブールに迫った。15日にはタリバン軍はカーブルを包囲した…

「ミュージック・マガジン」誌の特集「追悼・筒美京平」を読んでみた

お盆休みの間、積ん読になっていた雑誌「ミュージック・マガジン」(2020年12月号)を読んだ。昨年10月に亡くなった作/編曲家=筒美京平の追悼特集。日本一のヒットメーカーであり、音楽誌で取り上げられるのも当然だろう。ミュージック・マガジン 2020年 12…

NHK「映像の世紀」再放送がすごかった

ちょうど東京五輪が開催されていた時期に、NHKが1995年に放送した「映像の世紀」(全11集)が再放送された。av.watch.impress.co.jp20世紀は動く映像として歴史を記録することが可能になった最初の世紀となった。この「映像の世紀」と呼ぶにふさわしい20世紀…

【朗報】「WAON」「nanaco」がApple Payに対応へ

最近は電子マネーが乱立して群雄割拠の様相を呈していますが、私的グッドニュースが届きました。イオンリテールなどが発行する電子マネー「WAON」と、セブン・カードサービスが発行する電子マネー「nanaco」が、2021年内に「Apple Pay」に対応する、というニ…

【映画感想】『感染列島』(2009) / 和製パンデミック映画をいまこそ見よう

DVDで映画『感染列島』(2009年、脚本・監督:瀬々敬久) を鑑賞。新型インフルエンザが世界的に流行していたころの映画。今日の社会情勢を踏まえて、いま見ておくべき映画だと思い見てみた。主演は妻夫木聡、檀れい。感染列島 スタンダード・エディション [DV…

80年代後半に活躍したアイドル歌手・姫乃樹リカが地上波に出て驚いた件

テレビ朝日のバラエティ番組「あいつ今何してる?」を録画して見ていたら姫乃樹リカが出ていて驚いた。田中律子からのリクエスト。姫乃樹リカの名前を聞いてピンとくるのは、私のようなおっさんしかいないだろうがとても懐かしかった。アニメ映画『めぞん一刻…

やっとBeats Studio Buds が発売されたワケだが…これは売れる

海外では既に発売されてい気になっていた「Beats Studio Buds」がついに日本でも発売された。「Beats Studio Buds」は、いわゆる「完全ワイヤレス型イヤフォン」である。くわしくは各社レビュー記事を参照のこと。japanese.engadget.comApple傘下となったBea…

篠原健太のコミック『彼方のアストラ』を読んでみた

篠原健太によるコミック『彼方のアストラ』(全5巻)を読んでみた。アニメ化作品を見て、原作漫画を読んでみたくなり紙の本を手に取ってみた。本作は2016年から2017年にかけてウェブコミック配信サイト『少年ジャンプ+』で連載されていたSF冒険マンガ。最終…

【映画感想】『カメラを止めるな!』(2017) / 愛すべき低予算インディーズ映画

いまさらながらDVDで映画『カメラを止めるな!』(2017年、脚本・監督:上田慎一郎)を鑑賞。公開当時、ゾンビ映画がどうも苦手なのでスルーしていたが、日々面白いという声が大きくなった。周りに勧められたが、観る機会を逸しつづけていた。そしてついには地…

【東京五輪】終わりました…閉会式がつまらなかった

長いのか短ったのか分からないが、日曜日に東京五輪が終わった。テレビで閉会式を見たがまったくつまらない。あれで本当にいいのかと思うほどつまらん。終盤に次回開催のパリ五輪の映像が流れた。日本での閉会式の陳腐な演出とは対照的にオシャレで洗練され…

【東京五輪】サッカーの試合の開始時刻が急に変更されて驚いた件

帰宅してサッカー男子3位決定戦を見よう思っていたが、いつの間にかキックオフの時間が変更されていた。当初は20:00開始だったが、2時間前倒しされて18:00の開始に変更されていた。あまり役に立たないと思っていた公式アプリで見つけた情報だった。このとき…

「中日・木下雄介投手死去」のニュースで思ったこと

7月6日の練習中に倒れて救急搬送されていた中日の木下雄介(きのした・ゆうすけ)投手(27)が死去していたことが報じられた。www.sponichi.co.jpチームは親会社・中日新聞社の職場接種を利用して新型コロナウイルスのワクチン接種を行っており、木下雄投手…

【映画感想】『教誨師』(2018) / 大杉漣の最後の主演映画

DVDで映画『教誨師』(2018年、脚本・監督:佐向大)を鑑賞。大杉漣の最後の主演映画で、プロデューサーも務めている。教誨師 [DVD]大杉漣Amazon半年前から死刑囚の教誨師を務めるプロテスタント牧師・佐伯(大杉漣)は、強い個性をもつ6人の死刑囚と面会する…

菅首相が唐突に医療提供の方針転換を打ち出して大炎上

新型コロナウイルス感染症の感染拡大が止まらず、病床が逼迫していく中、政府は2日、重症者や重症化の恐れのある人以外は、原則自宅療養とする方針を決めた。www.youtube.com私が最初に突然の「方針転換」をニュースを見たのは上の動画だった。いつものよう…

【読書感想】近田春夫『調子悪くてあたりまえ 近田春夫自伝』(リトル・モア、2021年)

近田春夫さんは高校時代に私に影響を与えたひとり。この本は、その近田さんの幼少期から現在までの半生を語りおろしている自伝。読者にフランクに語りかけるスタイルは構成者の功績だろうがとても読みやすい。調子悪くてあたりまえ 近田春夫自伝作者:近田 春…

「月刊ニュータイプ」で技来静也と三浦建太郎の対談を見つけた件

いまさらだが。映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」特集で話題になった、「月刊ニュータイプ」(2021年6月号)をパラパラをめくっていた。ニュータイプ 2021年6月号KADOKAWAAmazonひと通りエヴァ特集を読み終えて他の記事をザッピングしていると、技来静也と…

【映画感想】『座頭市と用心棒』(1970) / 「座頭市」シリーズの第20作目。三船敏郎をゲストに招いたヒット作

録画してあった映画『座頭市と用心棒』(1970年、監督:岡本喜八)を鑑賞。勝新太郎のライフワーク「座頭市」シリーズの第20作目。三船敏郎の代表作である「用心棒」との競演を実現した話題作。ヒロインに大映の看板女優であった若尾文子が起用されているのも…

安いUS配列キーボード買ってみた(サンワサプライ SKB-E3U)

Mac miniに接続して使っているHHKBの調子が悪い。間欠的にキー入力ができなくなる症状が出ている。暑さのせいかもしれないが、予備のキーボードを準備しておくことにした。私はUSキーボード使いなので、予備機もコンパクトで安いUS配列キーボードを探してみ…

東京の緊急事態宣言が延長され たワケだが(8月31日まで)

新型コロナウイルスの新規陽性者が記録的に急増することを受けて、菅義偉首相は30日夜、首相官邸で記者会見し、緊急事態宣言の対象地域を拡大し、期間を延長すると発表した。これにより、すでに緊急事態宣言下にある東京都については、来月22日までとなって…

楽天Edyアプリ(iOS版)がアップデートされたが、当たり前のことがなぜできないのか?

かなり前になるがベローチェでキャッシュレス決済するだけのために楽天Edyを導入した。その後、ベローチェでSuicaが使えるようになったのでEdyの必要性がなくなったが、せっかくなのでいまでもベローチェではもっぱらEdyを使っている。最近、楽天Edyアプリ(…

Windows 365はシンクライアントの夢を実現できるか

PC

2週間ほど前にMicrosoftが、Windows 365というサービスを発表した。SaaS(Software as a Service)型の仮想デスクトップである。詳細は下の記事などを参照してほしいが、要は月額固定料金で使えるクラウドPCである。pc.watch.impress.co.jpWindows 365ではHTML…

【映画感想】『スターリンの葬送狂騒曲』(2017) / ブラック・コメディなのか真面目な歴史政治ドラマなのか

DVDで映画『スターリンの葬送狂騒曲』(2017年、監督;アーマンド・イアヌッチ)を鑑賞。原作はフランスのグラフィックノベル。オリジナルタイトルは、The Death of Stalin(スターリンの死)とあっさりしているが、邦題は妙に仰々しい。英語劇。スターリンの…

【読書感想】パーカー『ひとりの時間が僕を救う』(KADOKAWA、2020年)

YouTubeで人気の博している、ぼっち系大学生パーカーさんの初エッセイ本。ひとりの時間が僕を救う作者:パーカーKADOKAWAAmazon飾らない文章がなかなか読ませるが、「哲学」というほどの深い内容はない。YouTube動画で断片的に知っているパーカーさんの生い立…

【東京五輪】開会式を見たがどうなのアレ…

東京五輪の開会式をテレビで見た。長い長すぎる。部屋でゴロゴロして見ているだけでも長く感じた。無観客だったが、スタジアムの固い椅子でこんな長かったら観客はウンザリだろう。私は途中ですっかり飽きて買い物に出かけたが、帰ってきてもまだやっていた…

【東京五輪】公式アプリがポンコツすぎてガッカリした件

開催が危ぶまれていた東京五輪が始まった。正直あまり関心はないが、サッカーとテニスぐらいは観戦しようと思っている。そこで日程などチェックするため公式アプリをインストールした。OlympicsInternational Olympic Committeeスポーツ無料しかし、このアプ…

テレビドラマ「病院の治しかた〜ドクター有原の挑戦〜」を見る

GYAO!で配信されていたテレビドラマ『病院の治しかた〜ドクター有原の挑戦〜」(全7話)を鑑賞。2020年1月から3月までテレビ東京で放送された。脚本は山本むつみ、主演は小泉孝太郎。東京の医大で准教授を務める医師・有原修平(小泉孝太郎)のもとに、実家…

【読書感想】天真みちる『こう見えて元タカラジェンヌです』(左右社、2021年)

めっちゃ売れているというので手に取ってみた。表紙のインパクトがすごい! カメラマンのセンスもすごい!こう見えて元タカラジェンヌです作者:天真みちる左右社Amazonタイトルどおり、宝塚歌劇団花組で活躍した天真みちる(てんまみちる)さんが自身の宝塚時…

鹿先生の動画がまた消された件で思ったこと(Google帝国内での活動限界)

いつも見ている鹿先生のYouTubeに動画がまた消されたらしい。www.youtube.com以前、「鹿先生のYouTube動画が削除されてショックだった件」という記事を書いた。その後、趣味のチャンネルと新型コロナ関連のチャンネルを分けて運用していた。それにもかかわら…