退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

【映画感想】『劇場版 若おかみは小学生!』(2018) / テレビ版とは一味ちがうハードな映画

アニメ映画『劇場版 若おかみは小学生!』(2018年、監督:高坂希太郎)を鑑賞。原作は令丈ヒロ子による児童文学シリーズ。2018年に放送されたテレビアニメとはつながりのない一話完結のアニメ映画。監督以下スタッフが異なっている。

劇場版 若おかみは小学生!DVDスタンダード・エディション

劇場版 若おかみは小学生!DVDスタンダード・エディション

  • 出版社/メーカー: ギャガ
  • 発売日: 2019/03/29
  • メディア: DVD

両親(薬丸裕英鈴木杏樹)を交通事故で失った小学校のおっこ(小林星蘭)は、祖母の峰子が女将を務める温泉旅館「春の屋」に引き取られることになった。部屋に峰子の幼なじみだという幽霊・ウリ坊(松田颯水 )が現れ、おっこを驚かす。ウリ坊は若おかみに話を持ち出したことから、おっこが若おかみになることを承知したと誤解され、なりゆきでおっこの若おかみ修行が始まるが……。


映画『若おかみは小学生!』予告編

子ども向けアニメとは思えない骨太な脚本によりしっかりした作品に仕上がっている。地味な話だが細部まで作り込まれていて終始観客を惹き付けて離さない。

不可抗力とはいえ両親を事故死に追い込んだ加害者が宿泊客として登場するというハードなエピーソードも用意されている。これを知ったおっこが抑えていた感情が開放しする事実を受け入れていくあたりは、おっこの成長が感じられて感動的だ。しかしアニメが対象とする子どもたちには、すんなり受け入れられたのだろうか。子どもには難しいすぎるようにも思える。

DVDにはテレビアニメ版の最初のエピーソードが収録されていた。キャラデザインが変更されてゴージャスになっていて映画らしいとも思えるが、テレビアニメの視聴者にとっては面食らったかもしれない。私にとってはテレビ版のほうがしっくりくる。いずれにせよハードな内容にしてはキャラデザインがポップすぎるように思う。