退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

コミック『美味しんぼ』で、ついに山岡と栗田が結婚するエピソードまでたどり着いた

ABEMAでアニメ『美味しんぼ』をエンドレスで配信している。私も面白く見ていたが、何周かしてさすがに飽きた。そこでこれまで断片的にしか読んでいなかった原作コミックを通読することにした。

昨年秋から読み始めて、ようやく山岡士郎と栗田ゆう子が結婚する巻まで読み進めることができた(第47巻)。未完に終わりそうな原作コミックの大きなマイルストーンである。

二人の披露宴は、究極・至高のメニュー完成発表会の場となり、これまで登場したメニューが次々に披露される。ここで決着が着くかと思いきや、審査員たちから企画の続行をされるというご都合主義は仕方ないとしても、ストーリーのなかで最大に盛り上がりを見せてくれる。一段落である。

テレビアニメは不人気だったのか、田畑と荒川の披露宴のエピソード「究極の披露宴」で打ち切られている(全136話)。アニメはいま見ても面白くよくできているだけに、ぜめて山岡と栗田の結婚まで続けてほしかった。

なおテレビアニメは欠番回も多く、再放送やネット配信では見られない回も多い。かなり攻めていたのだろうが、いまとなっては「時効」だろう。当時の風俗や社会状況を知らしめるためにも欠番回の封印を解いてほしいものだ。

ちなみに、以後のストーリーは、山岡と栗田の間に子どもができて、長きにわたり確執が続いていた山岡と雄山の間も和解するという流れである。平和裏に連載が続くかとおもったが、2014年に福島第一原発事故に関する描写が問題となり、休載に追い込まれている。

もはや連載が再開されることはないだろう。なんとも惜しいことである。

f:id:goldensnail:20210821185600j:plain:w400