退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

アニメ映画『MEMORIES』(1995) を見た

ABEMAの大友克洋特集でアニメ映画『MEMORIES』(1995年)を鑑賞。

MEMORIES [Blu-ray]

MEMORIES [Blu-ray]

  • 発売日: 2008/07/25
  • メディア: Blu-ray

以下の3作品によるオムニバス形式で構成されるアニメ映画。

このなかで私がもっとも好きなのは、第2話「最臭兵器」である。ひさしぶりに見たがまったく古さを感じさせないし、センスが感じられる。


メモリーズ (1995) 予告編

甲府盆地にある研究所に務める若手社員の田中(声:堀秀行)が、かぜ薬と思い誤って「新薬」を服用する。その薬は、服用した人間から発生する臭気(ガス)によって周囲の生物を昏倒させる恐るべき生物兵器だった。社命で東京の本社に向かう田中を阻止するべく、自衛隊、そして米軍が出動する騒ぎに……。

MEMORIES

MEMORIES

  • 発売日: 2016/09/14
  • メディア: Prime Video

浅薄なギャグアニメと言えばそれまでだが、ノリでつくったにもかかわらず作画が細部まで描き込まれている。甲府から中央道に至る風景がよく作画されていて、バカバカしい話を大真面目にアニメ化しているところがいい。

ラストも興ざめしないないうちにあっさり終わる。短編アニメだからこそ成立した作品であろう。大友克洋らしいテイストの作品である。