退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

木村拓哉主演の時代劇ドラマ「忠臣蔵1/47」が、まさに「忠臣蔵 featuring キムタク」だった!

テレビドラマ「忠臣蔵1/47」をDVDで見ました。2001年の年末にフジテレビで放送された時代劇ドラマです。キムタク芝居全開です。

主演は堀部安兵衛を演じるキムタクこと木村拓哉。このドラマはキムタクを中心に潤色されているので、オーソドックスな忠臣蔵とは一味違います。脚本は井上由美子ですが、随分思いっきり作り変えたものです。

忠臣蔵1/47 完全版 [DVD]

忠臣蔵1/47 完全版 [DVD]

  • 発売日: 2002/10/25
  • メディア: DVD

思いつくままに潤色された点を挙げてみます。

などなど、色々とおかしいというか個性的なのですが、いちばん驚いたのは、堀部安兵衛が筆頭家老の大石内蔵助にタメ口をきくところです。どうしてこうなるのか分かりませんが。キムタクひとりだけ芝居がオカシイのですね。演技力が云々というより、徹頭徹尾キムタク芝居なんです。

さて他の出演者の目を移すと、安兵衛の義父・堀部弥兵衛役の杉浦直樹がとても懐かしかった。好きな役者だったので、もう少し長く活躍してほしかったなと、このドラマを見てしみじみと思いだしました。そして、いまや大河ドラマ軍師官兵衛」で主役を張っている、岡田准一大石主税を演じています。初々しい姿に時の流れを感じます。

出演者はさすがにみんな若いのですが、瑤泉院松たか子だけは変わりません。元々、オバサン顔だったというと怒られそうですが……。また、「南部坂雪の別れ」の場面のキムタクと松たか子のシーンは、テレビドラマ「HERO」でのコンビを思い出させてくれて興味深い。本作は、ちょうど「HERO」が「月9」で放送された2001年の年末ドラマになるので、それを狙ったキャスティングだったのかもしれません。

本作は異色の「忠臣蔵」なので、「こんなの忠臣蔵じゃない」と憤る時代劇ファンもいるかもしれませんが、結構楽しめます。キムタクのファン、そして少し変わった時代劇を見たい人にオススメします。