退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

【映画感想】『魔界転生』(1981) / 「チバちゃん祭り!」のラストはやっぱりコレ!

シネマヴェーラ渋谷で開催されていた千葉真一特集「チバちゃん祭り!Sonny Chiba A Go Go!!」でラストに観たのは、映画『魔界転生』(1981年、監督:深作欣二)です。やっぱり千葉ちゃんの柳生十兵衛は外せません。

魔界転生 [DVD]

魔界転生 [DVD]

  • 発売日: 2013/11/01
  • メディア: DVD

公開当時、天草四郎に扮した沢田研二が唱えた「エロイムエッサイム 我は求め訴えたり」が話題になりましたが、やはり、この映画で一番の注目は若山富三郎が演じた柳生宗矩でしょう。

息子・十兵衛と、一介の武芸者として戦いたいという思いからダークサイドに堕ち、魔界衆として転生する宗矩。終盤、炎に包まれた江戸城で雑魚を斬りまくる宗矩の殺陣がとびっきりにカッコイイ。まばたきしないのが怖いです。

紅蓮の炎のなか十兵衛を待ち焦がれる宗矩。いよいよ魔除けの梵字を体全体に書いた千葉ちゃん(十兵衛)の登場です。この二人の対決シーンは時代劇映画の金字塔と言っても過言ではない。必見です。チバちゃん祭りの最後を飾るのに相応しい名シーン。炎は当時のCGにしてはよくできてるなと思ったら、ホンモノとのこと。すごい。

ほかには、魔界衆のひとり宝蔵院胤瞬(室田日出男)にあっという間に殺されるくノ一の役で、飛鳥裕子が出ていたがうれしかった。エロ要員ですけどね。ごく個人的な好みです。

f:id:goldensnail:20140717040736j:plain