退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

Macでnasneを見る(StationTV Link)

Mac miniのモニタをDisplayPort接続に変更したので、やっとHDCP対応ディプレイになりました。そこで「Macnasneを見る」ことに挑戦してみました。


StationTV Linkの一択は変わらず

以前よりMacで見たいと思っていましたが、HDCP対応ではななかったため保留していました。当時調べたときは、著作権保護技術のDTCP-IPに対応したMac用アプリはピクセラ社の「StationTV Link」だけでした。

今回あらためてリサーチしてみましたが、やはりこの製品だけでした。DTCP-IPの規格がガラパゴスのためか海外製品もありません。困ったものです。

しかもこの製品は2015年を最後に更新されていない様子。一応、対応OSにHigh Sierraがリストされているので、動作確認はしているようですが、ちょっと不安になります。

お試し版をインストール

大丈夫かなと思いましたが、お試し版が提供されていてユーザー環境で動作確認できるとのこと。お試し版は、仕様は製品版と同じですが、動作時間が5分間に制限されています。購入前にお試しできるのはうれしいです。

Amazonのサイトには、期待通りに動かったというレビューがいくつかありましたが、事前にお試し版を利用しなかったのでしょうか。謎です。

とにかく物は試しというわけで、さっそくダウンロードしてインストールしました。dmgファイルで提供されているので簡単にインストールできます。

動作確認

どきどきしながらアプリを起動すると、自動的にネットワーク上のnasneを検知してデータを取り込んでいる様子。しばらく待つと録画データのリストが表示されました。

f:id:goldensnail:20190113190423j:plain

番組をダブルクリックすると再生開始されます。字幕放送や音声多重放送にも対応しているようです。

f:id:goldensnail:20190113190433j:plain

あっさり動作確認できました。意外に音質がいいので驚きました。シークやスキップすると反応が鈍いのは残念ですが、ストリームなので仕方ないのかもしれません。

ちなみに現在放送中の番組を見ることができますが、チューナーが1基しかないので録画中はその番組しか見れません。

他に選択肢がないこともありますが、及第点をあげてもいいでしょう。

製品版にアップデート

お試し版にとくに問題がなかったので製品版を納入しました。購入後、シリアル番号が届くので、これをお試し版に入力すると、製品版にアップデートできます。

torne mobileとの比較

これまでiOS版のtorne mobileで視聴していました。nasne専用のアプリと比較してもフェアではありませんが、とにかくStationTV Linkは再生しかできません。

torne™ mobile

torne™ mobile

  • PlayStation Mobile Inc.
  • エンターテインメント
  • 無料

そこで再生機能で気になったことだけを挙げておきます。

  • CMスキップができない
  • 再生速度を変更できない

torne mobileでは自動的にCMスキップ用のインデックスが作成されて、CMを簡単にスキップすることができましが、StationTV Link ではそれができません。

またtorne mobileでは再生速度を2倍まで段階的に変えることができましが、StationTV Linkではできません。普段からtorne mobileでは1.3倍速か1.5倍速で再生していたので残念です。

まとめ

細かな不満があるもののStationTV Linkの導入は成功でした。主にモニタ上に小さなウィンドウでnasneの映像を表示させて、ながら作業をMacでするという使い方をしています。

また、難しい番組などを見ながら、Macでメモをとったり、Webで検索したりできるのも便利です。なかなか快適です。溜め込んでいた録画データの消化が捗ります。

オススメのアプリです。

nasne 1TBモデル (CUHJ-15004)
Mac向け DTCP-IPプレーヤーアプリ StationTV Link [ダウンロード]