退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

【映画感想】『美味しんぼ』(1996) / 佐藤浩市と三國連太郎の親子共演!

映画『美味しんぼ』(1996年、監督: 森崎東)を鑑賞。雑誌「ビッグコミックスピリッツ」にて連載中(現在、長期休載中)の同名コミックの実写映画化作品。

美味しんぼ [VHS]

美味しんぼ [VHS]

原作コミックを大胆に脚色しているため、基本設定だけをそのままにしてほとんどオリジナル作品となっている。山岡士郎役を佐藤浩市が、海原雄山役を三國連太郎がそれぞれ演じている。この配役は、実の親子の佐藤と三國が親子役を演じることで話題になった。さらに当時、佐藤と三國の親子には確執があり、映画の設定そのままだったという。

f:id:goldensnail:20180226082754j:plain

キャラクターのルックスで違いが目立つのは海原雄山。原作ではのっしのっしと迫ってくる巨躯だったが、映画では三國連太郎が演じているので圧迫感はなく穏やかな性格の雄山になっている。雄山のモデルとされる北大路魯山人により近いとも言える。

またキャストでは栗田ゆう子役の羽田美智子はちょっとちがうのではないか。個人的なイメージでは和久井映見に演じてほしかった。あくまでも個人的な嗜好です。

あと映画のオリジナルキャラクターとして、元美食倶楽部の支配人の娘で士郎を兄のように慕う里見(遠山景織子)が登場する。病弱でなぜか煮豆を食べたいと士郎にせがむ。ここから料理対決に発展して、なぜか士郎が街で豆売りに出るというシーンがある。よく考えてみればおかしな話ではあるが、なかなか感動的なシーンで妙に納得してしまった。

【映画チラシ】美味しんぼ 2種 森?東 三國連太郎 羽田美智子 佐藤浩市

原作コミックのファンは気に入らないかもしれないが、出来上がった作品をみると一本の松竹映画として成立しているのは立派なもの。コミックの実写化は難しいとされるが、これだけ思い切りよく設定変更されれうとかえって腹が立たないものかもしれない。あと劇中の料理対決に原作のアイディアが使われているのはファンにとってうれしいだろう。

ちなみに「美味しんぼ」は何度かテレビドラマ化されて、唐沢寿明松岡昌宏が士郎役を演じている。テレビドラマでは、雄山をコミックのキャラデザインに近づけようとしているためか、まるでマンガのようになっている。漫画原作だからテレビドラマはそれでいいのかもしれないが、映画ではそういうわけにはいかなかったのだろう。思い切って設定を変更してのは、よい判断だったと思う。

映画パンフレット 「美味しんぼ」 監督 森崎東 出演 佐藤浩市/三國連太郎/羽田美智子/竜雷太/遠山景織子/芦田伸介/清川虹子/柴俊夫/財津一郎/樹木希林/田中邦衛