退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

ソニー製「ウェラブルネックスピーカー SRS-WS1」を試聴した

量販店でソニー製「ウェラブルネックスピーカー SRS-WS1」を試聴した。ヘッドホンとは似て非なるもの。ワイヤレスのスピーカーを肩にのせて使う、新しいコンセプトの製品で、以前からちょっと気になっていた製品である。

第一印象は思ったより重い。日頃、比較的軽いヘッドホンを使っているのでそう思ったが、使っているうちに慣れるのだろうか。

試聴した環境は周りが騒々しいので断言はできないが、音質はそれほどではない。音に包まれる音場のなかで雰囲気を楽しむ製品のようだ。ヘッドホンのように側圧で耳を圧迫されることがないのは快適。長時間使用しても疲れが少なそうである。映画向きかもしれない。

このモデルはワイヤレスなのだが専用の送信機を使用しているため、BluetoothではないのでスマホMacでは直接利用できないので注意が必要である。

ちょっと面白いのは「振動機能」。低音に連動してスピーカーが振動する機能が付いている。ゲームをプレイするときなどは臨場感を演出できるのだろうが、私には正直要らないからコストダウンしてほしい。

以前、「首に巻くスピーカー」が出るかもという記事を書いたが、やっと実機を試すことができた。新しいカテゴリーの製品だが市民権を得ることができるか注目したい。


ソニーの“ウェアラブルネックスピーカー”「SRS-WS1」体験デモ