読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

歌謡曲「東京流れ者」をさがして

映画 音楽

先日、映画『東京流れ者』(1966年、監督:鈴木清順)を見て以来、渡哲也が歌う主題歌「東京流れ者」が耳から離れない。音源を探してみようと思い立つ。

そこでまずジャケットに日活のロゴがある2枚組のCDで「東京流れ者」を聞いてみた。

日活映画スター大集合

日活映画スター大集合

たしかに渡哲也が歌っているが「コレジャナイ!」というか映画で流れていた楽曲とはまったくの別モノだった。歌詞が「渋谷、新宿、池袋」と地名を入れた歌詞に改変されていたのはともかく、節回しまで微妙に違うのはどうしたものか。

それでもリーフレットの解説はしっかりしていて、元々、映画の主題歌としてクラウンからリリースされたが、渡哲也のサード・アルバム「渡世人」に収録するためにテイチクで再録音されたものだとわかった。

それならばと言うことで、今度はクラウンのCDを探して聞いてみた。

青春のかけら~日本映画主題歌コレクション~

青春のかけら~日本映画主題歌コレクション~

今度はたしかに映画で使われていた歌詞とアレンジなのだが、なんとなく映画で流れていた音源とは違うような気もするが確かめようがない。まあこれで満足することにしよう。

東京流れ者 (MEG-CD)

ちなみにこのオムニバス盤「青春のかけら~日本映画主題歌コレクション~」には、「素敵なカミカゼ野郎」(歌:千葉真一)や「レッツ・ゴー!高校レモン娘」(歌:由美かおる)といった映画主題歌も収録されていて、ちょっと得した気分になった。とくに後者の松竹映画『レッツ・ゴー!高校レモン娘』(1967年)はどんな映画なのか気になる。いずれどこかで出会うときもあるだろう。

レッツ・ゴー!高校レモン娘 (MEG-CD)