退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

GW後半は『スター・ウォーズ』がマイブームに!

はやくも「スター・ウォーズ」がマイブームです。

5月4日が「スター・ウォーズの日」だったせいか、スター・ウォーズ関連の番組がいくつか放送されました。もちろん12月に最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(エピソード7)が公開される予定になっていて、今年は「スター・ウォーズの年」ということもあるでしょう。


Star Wars: The Force Awakens Official Teaser #2 ...

ちなみに、5月4日が「スター・ウォーズの日」とされているのは、劇中の台詞“May the Force be with you(フォースと共にあらんことを)”のMay the ForceとMay the 4th(5月4日)をかけた語呂合わせらしいです。なんとまぁ…。

スター・ウォーズ関連の3つの番組

連休後半に観たテレビ番組は、映画本編ではなく次の3番組。

まるごとSTAR WARSNHK総合

中島裕翔(Hey! Say! JUMP)がナビゲート。「スター・ウォーズ」が生誕の地とされるアメリカに西海岸を旅する。

ロサンゼルスでは、ファンイベント『スター・ウォーズ・セレブレーション』やディズニーランドではアトラクション「スターツアーズ」に侵入。さらには新作の監督J・J・エイブラムスに直接会うとう名誉までも……。またサンフランシスコでは、ルーカスフィルムを訪れていました。なんともうらやましい。

中島がファンであることは伝わってきたが、もっとコアなファン、例えば岡田斗司夫
を送り込んでほしかったかも……。

スター・ウォーズ〜伝説は語り継がれる(Dlife)

シリーズ誕生30周年の2007年に、アメリカで制作されたドキュメンタリー。さまざまな分野で活躍する人たちが、「スター・ウォーズ」が世界に与えた影響を熱く語る。

とりわけ「スター・ウォーズ」の映画がギリシャ神話や聖書など、西洋の教養人なら誰しも知っている話に元ネタを見ることを専門家が解説しているところが興味深い。映画のシーンも多数盛り込まれている。

夢の王国 スター・ウォーズ・トリロジーの歴史 (Dlife)

スター・ウォーズ」誕生秘話を描いたドキュメンタリー。DVDの特典映像として制作された作品らしい。

ジョージ・ルーカスが、スター・ウォーズを構想、制作、そして公開までの苦闘の連続をを追った前半部分が見どころ。これを見るとやはりアメリカの進取性はスゴイと素直に思う。

とくに製作過程で、CGが普及する以前の特殊効果で映像づくりをしていくプロフェッショナルたちの工夫が面白い。日本の特撮でもこういうドキュメンタリーがあればいいのに……。

いざ六本木にGo!

上で紹介したNHKの番組でも宣伝していましたが、東京・六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内スカイギャラリーで、衣装や小道具などを展示する『スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。』が開催中。会期は6月28日まで。

もちろん行くつもりでしたが、今回スター・ウォーズ関連番組を集中して見て俄然気分が盛り上がってきました。でも始まったばかりだから混んでるんだろうあ。少し落ち着くまで待とうか。

今回はこれぐらいにしておきましょう。ごきげんよう。

www.roppongihills.com

スター・ウォーズ 1/12 ダース・ベイダー