退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

『昭和元禄落語心中』と雲田はるこ~落語に行こうぜ!~ @明治大学米沢嘉博記念図書館

先月、明治大学 米沢嘉博記念図書館で開催されていた、「『昭和元禄落語心中』と雲田はるこ~落語に行こうぜ!~」という展示会を見てきました。ちょうど、少し前から『昭和元禄落語心中』を読み始めていたので、ちょっと寄り道をして覗いてきました。残念ながらすでに会期は終了しています。

BLジャンルでデビューした雲田はるこの『昭和元禄落語心中』が、第17回文化庁メディア芸術祭でマンガ部門優秀賞に選ばれたことを記念した展示会です。『昭和元禄落語心中』をはじめとする雲田作品の原画などの展示を中心に、カラーイラスト制作風景の映像も上映されていて絵師を思われる女子がガン見していました。

昭和元禄落語心中(1) (KCx(ITAN))

昭和元禄落語心中(1) (KCx(ITAN))

会場は明治大学 米沢嘉博記念図書館でした。行ったのは「まどか☆マギカ」の原画展以来でした。建屋は明治大学リバティタワーアカデミーコモンが近くにどーんと建っているわりにこぢんまりとしています。また火曜日から木曜日まで休館日なのタイミングがなかなか合いませんでしたが、ようやく行くことができました。

f:id:goldensnail:20141001003236j:plain

明治大学には東京国際マンガ図書館の構想もあるようです。こうした私大ならではユニークな取り組みはうれしいですね。


f:id:goldensnail:20141001003249j:plain
f:id:goldensnail:20141001003259j:plain
f:id:goldensnail:20141001003356j:plain