退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

【読書感想】中川翔子『「死ぬんじゃねーぞ!!」 いじめられている君はゼッタイ悪くない』(文藝春秋、2019年)

また黄色い表紙に惹かれて手に取ってしまいました。タレントの中川翔子さんが「いじめ」についての思いを文章と漫画で綴った本です。テーマが「いじめ」なのでシリアスで重たい本には違いありませんが、漫画が挿入されてることもあり読みやすい本に仕上がっています。

この本の特徴は、中川さんがいじめで不登校になり、「死にたい」とまで思い詰めた経験を細かく綴っていることです。実体験に基づくメッセージにはとても説得力があります。

そのなかでとくに印象的だったのは、「十代の『暗黒時代』が自分を作った」と言い切っていることです(p.180)。この最終章では、いじめに苦しんだ中川さんが一歩踏み出し、「ミス週刊少年マガジン」に選ばれて、タレントとしての道を歩み始める様子が描かれています。成功したからこそ、言える言葉かもしれませんが、いじめで悩んでいる人に力を与える言葉でしょう。

この本を読んでふと思い出したのは、「しょこたんのヲ」というニコ生のインターネット放送のことdす。その番組のなかで、ジャージ姿で反復横跳びをする企画があって、うまくできずに泣き出すという場面が印象に残っています。もちろん番組の企画であり、いじめではないのですが、「この娘やばいかも……」と思ったことが記憶に残っています(遠い目)。

あれから7,8年経ったでしょうか。すっかり大物感ができた中川翔子さん。増してきた社会的影響力を活かして、過去に自身が経験した「いじめ」に対して、力強いメッセージを発しているのは立派です。

この本のメッセージが、ひとりでも多くのいじめで悩んでいる人に届いて、その人たちが救われることを祈るばかりです。

f:id:goldensnail:20191001053709j:plain:w400
f:id:goldensnail:20191002062049j:plain:w400