退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

【映画感想】『RE:BORN』(2017) / 国産アクション映画も捨てたものではない

新文芸坐の恒例企画《気になる日本映画達2017》で映画『RE:BORN』(2017年、下村勇二監督)を鑑賞。併映の『武曲 MUKOKU』を目当てに出かけたので期待せずに見たが、こちらの方が面白かった。日本のアクション映画もあなどれない。主演はTAK∴こと坂口拓。音楽は川井憲次

RE:BORN リボーン【DVD】

RE:BORN リボーン【DVD】

石川県加賀市のコンビニで働きながら少女サチと暮らす敏郎(TAK∴)には消せない過去があった。かつて特殊傭兵部隊に所属しながら、自らの部隊を壊滅させていたのだ。ふたりが静かに暮らす地方都市で、不可解な殺人事件が起こる。それは、ファントム(大塚明夫)と呼ばれる男からの警告だった。サチを誘拐された敏郎は、彼女を救出するためファントムのアジトを攻略することを決意する。


RE:BORN(予告編)

まあ時代劇で言えば「抜け忍」のような話。組織から逃げた凄腕の戦士が組織から追われるという設定で、幼稚というか薄っぺらい話である。

しかし、この類の映画はぶっちゃけストーリーはどうでもいい。アクションがすべてだ。本作ではゼロレンジコンバットを取り入れた近接戦闘のアクションに満足できるかどうかで評価が決まる。この点は観客を裏切らない。低予算の映画だが、アクションだけは世界レベルと言ってもいいだろう。予想以上の映像だった。

現代戦で近接戦闘がどれほど有効なのか、敵にスナイパーがいればすぐに撃たれるじゃないの? と思ったが、なんとスナイパー相手にも無敵だった。弾丸を避けながら、いつの間にかスナイパーの死角に入ってしまう。いままで見たことないアクションだった。

アクションを十分で堪能できて満足しました。満腹です。

余談ですが、紅一点というか主人公を狙う刺客として篠田麻里子が出演していた。線が細くおよそ戦士には見えないが、電話ボックスのシーンはがんばっていた。かつての推しメンの活躍を見たい人にもオススメです。

RE:BORN リボーン【DVD】