退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

【映画感想】『チョコレートドーナツ』(2012) / ゲイカップルとダウン症の少年は家族だったという話

DVDで映画『チョコレートドーナツ』(2012年、監督:トラヴィス・ファイン)を鑑賞。名画座で予告編を見て、前から気になっていた作品。

1979年のカリフォルニアが舞台。歌手志望ながら生活のためショーパブの舞台に立ち糊口をしのいでいるルディ(アラン・カミング)は、客として訪れた検事局のポール(ギャレット・ディラハント)と知り合い”深い仲”となる。

ある日、ルディはアパートの隣室に住むダウン症の少年マルコが、母親が薬物所持で逮捕されたため、施設に保護されたことを知る。施設から繰り返し脱走するマルコの境遇に胸を痛めたルディは、ポールにマルコを引き取り育てることを提案する。法的手続きによりマルコの養育権を得た二人はマルコに愛情を注ぎ、三人はシアワセな日々を過ごす。それでも世間の反応はゲイカップルに対してきびしい。

ある日、彼らをホームパーティに招いたポールの上司と衝突したため事態は急速悪化する。マルコの養育者として認められなかった二人は、養育権をめぐって行政と争うことになるが、敗訴してマルコは施設に戻されることになる。そして施設から脱走したマルコは放浪に末に遺体となって発見されるという悲惨な末路をたどる。

一方、歌手としてハリウッドのプロデューサーに認めれたルディは、マルコへの思いをマイクにぶつけるのだった。原題(Any Day Now)は、ルディがの歌の歌詞からとられている。邦題はマルコが好きなチョコレート・ドーナツから付けられたが、なかなかいい邦題である。


Any Day Now (2012) - Official Trailer [HD]

よくあるアート系の映画かと軽い気持ち見始めたが、バッドエンドだったこともあり予想外に深刻な映画だった。LGBTに寛容と思われている西海岸でも、当時はかなり状況が違っていたことがわかる。いまでも地域によっては偏見や差別あるだろうが、こうした悲惨な結末はなんとか回避したいものである。

この映画は役者、音楽、演出のそれぞれ魅力的だが、なかでもルディの歌がすばらしい。狙いすました演出なのだろうが、それでもラストの歌唱は観ていてヤラれたと思わされる。鑑賞後に強烈な印象を残す秀作。上映時間がムダに長くないことも加点したい。こうした映画が日本映画にもあればいいと思う。