読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

懐かしのドラマ「ママはアイドル!」を見た

1987年にTBSで放送されたドラマ「ママはアイドル!」をHuluの配信で見た。当時、人気絶頂にあった中山美穂後藤久美子がキャスティングされたコメディー・ドラマ。

ママはアイドル ! DVD-BOX

ママはアイドル ! DVD-BOX

妻を亡くして3人の子どもを育てる社会科担当の中学教師(三田村邦彦)が、人気アイドルの中山美穂(役名も同じ)と再婚することになる。美穂が父子家庭に押しかけて同居が始まるが、娘の晶(後藤久美子)は父の再婚に大反対、美穂を受け入れようとしない。一方、美浦は世間には結婚していることを伏せて芸能活動を続けていく。そのために起こる様々な騒動をコミカルに描く。「ママはライバル」や「奥さまは魔女」といった往年のテレビドラマからのオマージュも見られる。

中山美穂後藤久美子を2大アイドルを投入すれば半ば成功は決まったも同然であろう。

中山美穂は、オープニングで「派手!!!」を歌っている。アイドル時代のピークという時期だろうか。個人的にはskinnyな印象があったので特別にファンということはなかったが、この「派手!!!」もそうだが、デビュー以来、筒美京平松本隆の楽曲には注目していた記憶がある。
COLLECTION I

一方、後藤久美子は私のなかでは不思議な存在だ。「国民的アイドル」の名を欲しいままにして美少女ブームを巻き起こしたのは周知のとおりで、この作品もちょうどその頃に撮られたドラマである。超絶かわいい。しかしその後の芸能活動は記憶に残っておらず、ボーンと時代が飛んで1995年に妻子のあるF1レーサーのジャン・アレジと交際が発覚して世間を驚かせた。いまはすっかりセレブ。世の中はわからない。
少女夢―えほん・後藤久美子

他の出演者では、長男役でブレーク前の永瀬正敏が出演していることにも注目したい。早稲田大学を目指す予備校生役だ。劇中、小泉今日子の写真集をバックから取り出すシーンがあり、将来、小泉と結婚することを思うと示唆的というべきか。ちなみに結局受験はどうなったんだろうという疑問を残してレギュラー枠は終了したが、スペシャル版(1988年3月放送)では見事合格して家族で喜ぶシーンがある。

まあ30年近く前のドラマでなので、その後、出演者にも視聴者にも様々な人生があったことだろう。後ろばかり振り返っても仕方がないが、たまにはノスタルジーに浸るのもいいだろう。