退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

【映画感想】『起終点駅 ターミナル』(2015) / アバンがやたらと長い映画

新文芸坐の《「あの映画に、この鉄道」(川本三郎・著)刊行記念 映画の旅・鉄道への想い》という企画上映で映画『起終点駅 ターミナル』(2015年、監督: 篠原哲雄) を鑑賞する。主演は佐藤浩市。原作は桜木紫乃の同名短編小説。

起終点駅 ターミナル [DVD]

起終点駅 ターミナル [DVD]

北海道旭川で裁判官として奉職する鷲田完治(佐藤浩市)は単身赴任の身だ。彼のもとに学生時代の恋人だった結城冴子(尾野真千子)が被告人として現れる。裁判のあと、鷲田と冴子と親密になり不倫を重ねるが、鷲田は、2年間の北海道勤務を終えて、妻子が待つ東京に戻ることになる。鷲田はすべてを捨てて冴子と暮らす道を選ぶが、旅立ちの日、冴子は鷲田の目の前で電車に飛び込み自らの命を絶つ。(ここまでがアバンでやたら長い)

それから25年、鷲田は釧路で国選専門の弁護士としてひっそりと生きていた。ある日、弁護を担当した椎名敦子(本田翼)が鷲田の自宅を訪ねてくる。敦子は人探しを依頼するが、国選以外の仕事はしないと決めている鷲田はいったんそれを断るが……。その後、紆余曲折を経てふたりはそれぞれの新しい人生を歩みだす。


『起終点駅 ターミナル』 予告1

まあこんな感じの人生再生の人間ドラマ。登場人物が少なくシンプルな構成で、淡々と物語が進んでいく静かな映画。総じて悪くない。再生に向けての佐藤と本田の関わりもうまく描けている。

ただしキャストについては、主演の佐藤浩市はさすがに達者だが、女優陣はミスキャストに思える。まず主役の学生時代の恋人役の尾野真千子にまるで色気がない。美しく撮れているが、どうも情念というか唐突に自殺するようなタイプには思えない。

後半は佐藤浩市と本田翼の二人芝居と言えるが、本田の演技力は拙すぎる。まあ佐藤の芝居を受けきれる若手女優をさがすのは難しいかもしれないが、もっと他にいるだろう。また本田のせいとも言えないが、妙にファッションモデル然として手足が長いスタイルのよい体型も気になった。こんな場末にモデルさんみたいな若い娘はいないだろう。田舎臭さがない。

一方、鷲田の自宅のセットなど美術はなかなかよくできていて、釧路の生活をよく再現している(ような気がする)。鷲田が料理が得意という設定は個人的に気に入っている。イクラを手早く漬けるあたりは好きなシーンである。

それでもこの映画にイマイチ乗れないのは、冴子が自殺する理由が理解できないからである。駆け落ちできないのなら、ひっそり身を引けばいいのにと思ってしまった。自分の死後も相手を縛り付ける地雷女なのだろうか。女心はわからん。

あと本田翼の演じる敦子の人物描写も気になった。実家をふたりで訪れる場面があるが、彼女の生い立ちに触れられていない。もう少し掘り下げてもいいだろう。

どうも尺の使い方に難点があるように思う。

f:id:goldensnail:20181209213819j:plain