退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

【映画感想】『KUBO/クボ 二本の弦の秘密 』(2016) / 愛すべきストップモーションアニメ

新文芸坐で『KUBO/クボ 二本の弦の秘密 』(2016年、監督:トラヴィス・ナイト)を見てきた。スタジオライカによるストップモーションアニメ。日本リスペクトした作品として話題を集めた。公開時見ようと思ったが公開館が少なくあれあれというまに見逃して、ようやく今回見ることができた。

幼いころダークな魔力を持った祖父に、サムライの父を殺されたうえに片目を奪われた少年クボは、不思議な三味線で折り紙を操る大道芸で生計を立たていたが、刺客に母を殺されてしまう。クボに世話を焼くサルと、陽気な武者姿のクワガタを仲間に加えて、祖父を倒すべく3つの武具をさがす旅に出るが……。


KUBO AND THE TWO STRINGS - Official Trailer [HD] - In Theaters August 2016

少年の冒険活劇としてはベタな話であるが、ストップモーションを作った映像美は他では見れない趣があってすばらしい。エンドロールには、いつものようにメイキング映像があったが、尋常ではない手間暇がかかっていることがわかる。さらにメイキングをみると古くからあるストップモーションアニメの手法にも、3Dプリンタのようなテクノロジーが浸透していることがわかり興味深い。


Go Behind the Scenes of Kubo and the Two Strings | stop-motion and voice production

また本作は日本リスペクトということで、日本人から見るとどうかと思う点があるかと思ったが、そうしたこともなく安心して見れた。「いったい、いつの時代なんかな」と思うところはあるが、盆踊り(なぜか「炭坑節」)、墓参り、灯篭流しなど日本の伝統や文化をうまく捉えている。相当リサーチしたのだろう。

少しまえに雑誌「映画秘宝」に、クロのコスプレ姿ののんが表紙になっていた。「映画秘宝」にフィーチャーされるとは、キワモノ映画かと思ったらそんなことはない。高いレベルのアニメーション技術に裏打ちされた正統派の冒険活劇である。

映画秘宝 2018年 01 月号 [雑誌]

今回は日本語字幕付きのオリジナル版の上映だったが、英語表現が気になってしまったので、できれば日本語吹替で見たかった。

f:id:goldensnail:20180710012947j:plain