退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

【映画感想】『眠狂四郎 円月殺法』(1969) / 松方弘樹版「眠狂四郎」第1作

新文芸坐松方弘樹追悼企画《「無冠の男 松方弘樹伝」刊行記念 追悼 松方弘樹 演じた! 作った! 撮った! 映画をこよなく愛した最後のスター》で、『眠狂四郎 円月殺法』(1969年、監督:森一生)を鑑賞。大映映画。

眠狂四郎 円月殺法 [DVD]

眠狂四郎 円月殺法 [DVD]

市川雷蔵の当たり役・眠狂四郎東映からレンタル移籍させた松方松方弘樹が引き継いだシリーズ第1作。残忍非道な振る舞いをする次期将軍・徳川家慶の双子の弟が、家慶にすりかわろうとする謀略に挑む狂四郎を描く。

東映出身の松方が陰翳を強調する大映映画の時代劇に主演している貴重な一本。一見すると不思議な感じがするが悪くない。松方が歌う主題歌もかっこいい。

この落ち着いた大映テイストでもう一本松方版・眠狂四郎を観たいと思ったが、当日併映作品だった池広一夫監督の第2作『眠狂四郎 卍斬り』は本作とはかなり違った劇画風の作品に仕上がっている。

f:id:goldensnail:20170324031344j:plain:w420