読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

インターネットラジオ「Rakuten.FM」を試したみた

音楽 iPhone

楽天によるインターネットラジオ配信プラットフォーム「Rakuten.FM」が1日から始まりました。ラジオ好きなのでさっそく試してみました。

rakuten.fm

正直いうと、いまさらラジオを始めるって世の中からトラック2周ぐらい遅れてないかと思いました。楽天の真意は分かりませんが、なにがウラがあるのかもしれません。ラジオなので当然オンデマンドでは聞くことができないので、いまの感覚からするとひどく不便です。

このサービスはPCのブラウザからウェブサイトでも利用できますが、気になるのはiOSアプリです。インストールしてアクセスすると、登録不要ですぐに利用できました。

当然ですがこのアプリはバックグラウンドで利用できるので、例えばウェブブラウジングしながらラジオを楽しむことができます。この当然のことがYouTubeはできずにイライラしているので素直にうれしい。注文を付けるならば、いま流れている曲の曲目や演奏者の情報をアプリに表示できないものだろうか。これこそインターネットラジオの利点ではないでしょうか。

全般的にはチャンネルはまだまだ少ないし、開店休業状態のチャンネルもちらほら見受けられます。これからというところでしょうか。個人的には、以前TBSの傘下にあった「OTTAVA」に出会えたのが収穫です。最近BGMによく流しています。

もっとも音楽、とくにクラシックやジャズ、洋楽のロックなどは世界中に配信しているサイトがあります。これに対抗して独自性を打ち出すには何をおいてもドメスティックなコンテンツでしょう。とくにアイドル歌謡や演歌、そして日本のインディーズなどのチャンネルがほしいですね。

またラジオといえば重要なのはリアルタイム性です。オンデマンドではない生のコンテンツとしてニュースや天気予報の専用チャンネルの登場にも期待したいところです。