退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

【映画感想】『二匹の用心棒』(1968) / 雷蔵が出られなかった股旅もの

東京国立近代美術館フィルムセンターの《映画監督 三隅研次》で映画『二匹の用心棒』(1968年)を鑑賞。長谷川伸の「関の弥太ッペ」が原作の股旅もの。

当初、市川雷蔵長門勇のコンビで企画されたが、雷蔵が病に倒れたため本郷功次郎をピンチヒッターにして撮影された作品。二人のアウトローの掛け合いが楽しい。しかし本当に美味しいところはコメディーに長けている長門が全部さらっていく。

どうしても主役が雷蔵だったらとどうだったのかと思って見てしまう。代役を演じた本郷功次郎には気の毒だったのかもしれない。

この映画は本郷が演じるやくざが、旅で出会った幼女を実家に届けて名も告げずに立ち去ることから始まる。その後、年月を経てその幼女が成長して見事な娘として登場する場面は見どころ。ヒロインの高田美和がかわいい。

最後は本郷・長門のコンビが大暴れして悪党どもを一掃して旅に戻る。続編を期待させるエンディングだったが実現していない。

f:id:goldensnail:20160217192320j:plain