退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

Google Photos 試してみました

Googleがサービスを開始した Google Photosを試してみました。写真データをまるごとクラウド上に格納できるサービスです。制限がありますが基本的には無料で利用できます。Google Photosの詳細については下記を参照ください。

私の用途はIPhoneの写真データのバックアップですので、iOSのアプリをインストールします。なぜか風車のアイコンです。

Googleフォト

Googleフォト

  • Google, Inc.
  • 写真/ビデオ
  • 無料

あとはGoogleアカウントを用意して、画像の保存サイズについて次の2つから選びます。

  • 1,600万画素までの画像を容量無制限で保存できる「高品質」
  • Googleアカウントの空き容量(無料では15GB)を使うかわりにフル画素で記録できる「元のサイズ」

そして同期開始すれば、iPhoneの写真データがクラウドに順次バックアップされます。念のためにiTunesiPhoneのバックアップを取っておくとよいでしょう。

写真を貯めこんでいたこともあり、めちゃくちゃ時間がかかります。途中で中断して、続きは何時から再開すると表示されることもありました。時間がかかるのは最初だけですが余裕をもって作業しましょう。

Googleにまるごと写真を預けることに迷いがあったわけではありません。しかし無料と便利さには勝てません。

細かいことを言えば、バックアップ対象から外す写真を指定できたらいいのですが現状はムリのようです。あるいはiOSにアカウントがあれば写真データを分けて管理できるとも思いました。そもそも個人の写真をまるごと1つにまとめて管理するはのは、ちょっと無理があります。このあたりは今後運用を考えてみたいと思います。

また類似のサービスには、AppleのエコシステムではiCloud フォトライブラリがありますが、しばらくはGoogle Photosを使ってみたいと思います。何しろ無料ですからね。

作業中、過去の懐かしい写真を見る機会がありました。時にはゆったりして写真で過去を振り返ってみるのもよいでしょう。


Introducing the new Google Photos - YouTube