読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

"Ich bin ein Berliner."

今年度からNHK外国語講座のラジオ番組の多くがストリーム配信されるようになったので、拾い聴きしていると、小塩節先生の「まいにちドイツ語」の応用編で、J.F.ケネディ米大統領のスピーチを取り上げていた(4月3日放送分)。

ドイツ語講座なのに、なぜケネディ大統領なのかと思って聞いてみると。東西冷戦下のベルリンを訪れたケネディが、西ベルリン市民に次のようにドイツ語で語りかけたのを、取り上げている。

Today, in the world of freedom, the proudest boast is "Ich bin ein Berliner."

この不定冠詞を用いた ein Berliner は通常は間違いだが、例外的にこのように言えば「こう見えても、ベルリンっ子なんだ」と粋がった強調となり、連帯を呼びかけたものだとしている。

この演説はとても有名であるが、ドイツ語の冠詞の使い方でこうしたニュアンスがあるとは、なかなか深い。演説の全文はこちら


Kennedy - I am a Berliner - Ich Bin Ein Berliner - YouTube