読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

【読書感想】小栗左多里、トニー・ラズロ『ダーリンは外国人 まるっとベルリン3年め 』(KADOKAWA、2016年)

息子トニーニョの小学校進学を機に、ドイツの首都・ベルリンに移住したトニー&かおり一家。ベルリン生活3年目を迎えた一家の海外生活を綴るコミックエッセイ。

ベルリンでの日常や観光にいろいろな驚きや発見があって楽しく読めるのが、ちょっと物足りない。

まず語学ネタがなかったのが不満。せっかくドイツに行ったのだからドイツ語にまつわるエピソードがほしい。ドイツ語の勉強法とか、どのくらい上達したのかなど。また移民してきた人たちと語学学校で机を並べたなどという話があったらよかった。

もうひとつは息子トニーニョの教育問題だ。本の終わり近くに「トニーのひとりごと」という短いエッセイで触れているが、実際トニーニョの教育はどうなっているのかが気になる。日本語、英語、ドイツ語をそれぞれどうやって折り合いをつけているのか。将来の進学をどう考えているのかなど興味は尽きない。

続編があれば、トニーニョをフューチャーした一冊を期待したい。

f:id:goldensnail:20160603002102j:plain

【関連記事】