読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

テレビアニメ「宇宙兄弟」(全99話)完走しました

Huluで配信されているアニメ「宇宙兄弟」(全99話)を数か月かけて見終わりました。2012年4月から2014年3月まで日本テレビで放送されていたテレビアニメで、原作は小山宙哉の連載中のコミックです。

宇宙兄弟 1 [DVD]

兄・南波六太と弟・日々人は、子どものころ共に宇宙飛行士をなることを誓う。大人になった日々人は夢を叶え宇宙飛行士として日本人で初めて月面に立とうとしていた。一方、兄の六太は務めていた自動車会社をクビになり、弟のはるか後ろから宇宙飛行士を目指すというストーリー。しかしこの兄弟は外見上まったく似てませんね……。

アニメ自体のクオリティは総じて高く、大きな不満はありません。まあ尺稼ぎがひどいと思うこともありましたが、今回のようにまとめて見ることは想定していないのでしょう。

しかし原作が完結していないせいかクライマックスに向けての盛り上がりに欠けます。アニメの終盤では月面の事故が原因でパニック障害を起こした日々人がNASAを去りロシアで再起を目指すところまでが描かれます。一方の六太は月ミッションのバックアップ・クルーとしてNASAでの任務に励むシーンでおしまいです。なんとも中途半端なところで終了したので肩透かしを食らった気分ですね。

また、このアニメは基本的に「いい話」なので、本当の意味での悪党は登場しません。ふたりの兄弟が「いい人」たちとの出会いを経て、次々に困難を乗り越えていく話です。現実社会には確実に存在する暗い面にはあえて触れようとしない清廉なアニメなのはやや不満でしょうか。付け加えれば、大人になってもこれほど仲の良い男の兄弟ってのもちょっと気持ち悪いかも……。

このアニメは好評だったので、将来きっと続編がつくられるでしょう。気長に待ちたいと思います。


アニメ「宇宙兄弟」PV - YouTube