退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

【映画感想】『ゴッホ 最期の手紙』(2017) / 「動く油絵」による長編アニメーション

早稲田松竹で映画『ゴッホ 最期の手紙』(2017年、監督: ドロタ・コビエラ, ヒュー・ウェルチマン)を鑑賞。画家のフィンセント・ファン・ゴッホの生涯とその死を描いたアニメーション映画。

ゴッホ 最期の手紙 [Blu-ray]

ゴッホ 最期の手紙 [Blu-ray]

ユニークなのは、作画にセル画のアニメーターではなく、ホンモノの油絵画家が起用されていること。製作手法は下の動画が参考になるが、恐ろしいいほど手間がかかっていることがわかる。お馴染みのゴッホの油絵がスクリーンで動くのは驚愕の一言。


Loving Vincent, behind the scenes

アルルに住む青年アルマンは、郵便配達夫の父から自殺した友人の画家フィンセント・ファン・ゴッホの「最期の手紙」を弟のテオに届けるように依頼される。しかしテオがすでに死んでいることが分かり、困ったアルマンはフィンセントが亡くなった村に住む主治医を訪ねる。村でフィンセントのことを聞くなかで、彼の自殺について疑問を抱き、死の真相を明らかにしようと決意するが……。


Loving Vincent - Official Trailer

まあこんな感じのゴッホの死の真相をめぐるサスペンスだが、正直あまり面白くない。やはり「動く油絵」を楽しむ映画だろう。高畑勲監督の『かぐや姫の物語』の油絵バージョンとも言えるかもしれない。

今回見たのは英語版だったが、フランス語でなかったのが残念。これならば字幕なしで映像に集中できる日本語版のほうがよかったかもしれない。

Loving Vincent [DVD] [Import]

f:id:goldensnail:20180519064403j:plain:w320