退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

【映画感想】『眠狂四郎勝負』(1964) / 市川雷蔵版「眠狂四郎」シリーズ第2作。シリーズ屈指の名作

市川版「眠狂四郎」シリーズ第2作『眠狂四郎勝負』(1964年、監督:三隅研次)を鑑賞。イマイチ焦点の定まらなかった第1作だったが、それを見事に挽回したシリーズ第2作。市川雷蔵の魅力を引き出しつつ、時代劇のエンターテイメント性を盛り込んだシリーズ屈指の名作。

眠狂四郎勝負 [DVD]

眠狂四郎勝負 [DVD]

冒頭、正月でごった返す愛宕神社で財布をすられた狂四郎(市川雷蔵)が、刀で女スリの着物を切り裂して裸に剥く。露出は背中を見せる程度だが、この場面で観客の歓心を一気に集めるのは見事。

そして狂四郎は偶然、幕府の勘定奉行・朝比奈(加藤嘉)と知り合い、朝比奈はその目前で道場破りを打ち払った狂四郎に惚れ込み、お互いに友誼を深める。飄々とした好々爺のような朝比奈との対比で、クールでストイックな狂四郎の魅力が引き出されている。

朝比奈は幕府財政を立て直すために倹約を唱え、化粧代を減らされた将軍の娘・高姫(久保菜穂子)の恨みを買い、命を狙われる身だった。狂四郎は朝比奈の護衛を買ってでるが、高姫は五人の剣客を送り込むが……。

その後、柳生宗矩との御前試合を経て、幾度かの剣戟の末に刺客を打倒して高姫のプライドをズタズタにして終わる。一本の映画によくもこれだけ詰め込んだものだと感心するが、プログラムピクチャー時代劇映画のお手本のような作品。市川雷蔵の「眠狂四郎」シリーズのなかでまず見てほしい一本である。