退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

final製イヤフォンE1000をムック付録でゲットしました

ヘッドフォンブック SPECIAL EDITION (CDジャーナルムック) を購入して、付録されていた「ファイナル製イヤフォンE1000SE」を使いはじめました。

使用中のイヤフォンに不満があり、新しいイヤフォンを試してみようと思っていたところ上のムックを見つけて購入。もちろん付録が目当てです。付録のイヤフォンはE1000SEは色がオリジナルの緑ですが、中身は市販されているE1000と同じ。Eシリーズの最廉価版となります。

final E1000 カナル型 イヤホン (ブラック)

final E1000 カナル型 イヤホン (ブラック)

高音質のヘッドフォン/イヤフォンメーカーとして人気を誇るファイナルブランドのイヤフォンが2000円程度の価格設定で売られているのは驚きですが、まだ購入力のない中学生向けの製品だと聞いて納得しました。まあ上を見ればキリがないのがイヤフォンの世界ですし、有線イヤフォンを使うのもそれほど長くないだろうということで、価格重視でいいだろうとこれにしました。

さっそく開梱。イヤピースがたくさん付いているのはいいですね。カナル式なのでサイズが合わないとイヤフォンの真価を発揮できません。

f:id:goldensnail:20190619012119j:plainf:id:goldensnail:20190619012116j:plain
final E1000SE 開梱

便利だと思ったのはイヤピースの色で左右を識別できること。形状で左右でちがうイヤフォンもありますが、このモデルは左右がほとんど同じ。装着するとき左右がすぐにわかるのは便利です。ちなみに私は右を赤にしています。

f:id:goldensnail:20190619012113j:plain:w400
final E1000SE / 左右の判別が容易

値段相当の音なので過度な期待は禁物ですがコスパは高いと思います。思ったより音の解像度が低いというのが第一印象ですが、中低音のバランスがよくボーカル中心のポップスなどには向いているでしょう。使っているうちに変化するかもしれません。

ひとつ気になったのはコードのタッチノイズが大きいこと。上位機種に比べてコードがゴツいのが原因だと思われます。もっとしなやかで軽いコードが好ましいはずですが、このあたりにコストのしわ寄せがきているのかもしれません。

ダイソーで購入したケースに収納して持ち歩いています。大事に使っていこうと思います。

f:id:goldensnail:20190619012126j:plainf:id:goldensnail:20190619012123j:plain
ダイソーのイヤフォンケースに収納