退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

【映画感想】『記憶にございません!』(2019) / 三谷幸喜による政治を舞台にしたコメディ映画

映画『記憶にございません!』(2019年、監督・脚本:三谷幸喜)を鑑賞。主演は中井貴一

総理大臣・黒田啓介(中井貴一)は病院のベッドで目を覚ますが一切の記憶がない。演説中に投石を受け、病院に搬送されたのだ。自分が史上最悪のダメ総理だと告げられた啓介はショックを受けるが、記憶喪失の件は秘書官3名( ディーン・フジオ、 小池栄子迫田孝也)だけの秘密とされた。政策はおろか、閣僚の顔と名前、そして息子の名前すらわからない始末。よりによってこんなときに、米国大統領(木村佳乃)が来日してくるが……。


映画『記憶にございません!』予告

期待せずに見始めたが、予定調和で進行するストーリーのなかな仄かな笑いがあった。最近の映画にありがちなヒネリもなく最後まで進んでいく。記憶を失った主人公が、昔の夢を思い出し、それを実現するために悪戦苦闘する。ありきたりだが、コメディは奇を衒わずこのくらい一本調子のほうがいい。

想定外に面白いというわけはないが満足した。それは芸達者の出演者たちの演技によるものだろう。これだけの出演者を集めていれば、そうそうずっこけることもないのだろう。

個人的にはもっと日本政治が直面している問題や、政治家を風刺した時事ネタを打ち込んでほしかったが、大手スポンサーがついた大衆向けの映画では難しかったのだろうか。政治を舞台にしているのにその点は物足りない。

三谷幸喜はテレビドラマで真価を発揮してきた。『古畑任三郎』、『王様のレストラン』、『新選組!』、『真田丸』などなど。映画もそこそこ面白いし興行成績も立派なのだが、ドラマ比べるともうひとつ見劣りがする印象がある。この違いはどこから来るのかわからない。自ら監督するからだろうか。ドウシテナノー。