退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

小泉進次郎、滝川クリステル結婚で驚いたこと3つ

8月7日に小泉進次郎衆議院議員フリーアナウンサー滝川クリステルさんが突如結婚を発表した。私は駅のホームでニュースアプリの通知でこのニュースを知って驚いた。

突然の結婚発表だったが、3つほど驚いたことを挙げてみる。とにかく異例づくしでツッコミどころが多い。

f:id:goldensnail:20190809030412j:plain
読売新聞(8月8日付け朝刊)

ノーマークだったふたり

敏腕芸能レポーターたちも、この二人の結婚はノーマークだったのではないか。これだけの有名人同士の結婚が直前までだれも触れなかったのはめずらしいのではないか。

まあキャッチしたレポーターも絶大な権力の前に黙らされたのかもしれないが、多くの人たちにとっては寝耳に水。本当に世間がひっくり返るほどのビッグニュースになり、とくに民放は他のニュースを後回しにして、こぞってこの結婚を取り扱う始末。

数字が取れるのだから仕方ないのだろうが、本当にこれでいいのだろうか。

首相官邸でのマスコミ発表

次に驚いたのはマスコミへの発表が首相官邸のエントランスで行われたこと。芸能記者をシャットアウトしたかったのかもしれないが、行政の中枢部での結婚発表は異例のこと。公私混同と言われて仕方ない。

政権与党である「自民党のプリンス」だから、これぐらいの公私混同は許されるのかもしれないが、どうも釈然としない。本当にこれでいいのだろうか。


小泉進次郎氏滝川クリステルさん結婚へ ノーカット(19/08/07)

第1子の妊娠(デキ婚)

さらに驚いたのは「デキ婚」だったということ。しかも既に妊娠5か月で安定期だという。あまりにも遅いタイミングで驚いた。安定期まで発表しなかったことに対しては、いろいろ邪推できるが、ここで書くのは控えておく。

それでも将来の首相候補と目される政治家が、プライベートとはいえ、こんなに無計画でいいのだろうかと思うと心配になる。本当にこれでいいのだろうか。元気なお子さんが産まれることを祈るばかりである。

番外:もっと驚いた結婚

進次郎x滝クリの結婚にすっかり隠れた形になってしまったが、個人的にはもっと驚いた結婚のニュースがあった。元宝塚歌劇団員で女優の遼河はるひ(愛称:あひ)の結婚である。彼女の宙組時代はちょうどいちばん宝塚にハマっていたころなので感激ひとしおである。

www.oricon.co.jp

バラエティでは未婚をネタにしたトークを披露していたが、世の中の男性だちがこれほどの美人をほっておくはずもないと思っていたが、目立って浮いた話もなかった。相手はプロサッカー選手だという。どこかの成金野郎じゃなくてちょっとほっとした。