退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

太田裕美のカバーアルバム「tutumikko」を聞いてみた

「tutumikko」というのは「筒美(京平)っ子」のこと。太田裕美の代表曲「木綿のハンカチーフ」、「赤いハイヒール」、「九月の雨」などの作曲を手掛けた筒美京平をリスペクトしたカバーアルバムです。 歌が始まると歌声ですぐに太田裕美だとわかるのはさすが。ジャケット写真も麗しい。

tutumikko

tutumikko

収録曲は次の10曲。括弧内はオリジナルの発売年と演奏者です。セルフカバーはありません。

  1. タイムマシーン(1995年、藤井フミヤ
  2. 真夏の出来事(1971年、平山三紀)
  3. Romanticが止まらない(1985年、C-C-B
  4. ガールフレンド(1968年、オックス)
  5. 夏のクラクション(19883年、稲垣潤一
  6. 人魚(1994年、NOKKO
  7. さらば恋人(1971年、堺正章
  8. レイン・ステイション(1975年、天地真理
  9. 私は忘れない(1972年、岡崎友紀
  10. 強い気持ち・強い愛(1995年、小沢健二

筒美京平の定番曲が続くなあと思って聞いていたら、天地真理「レイン・ステイション」だけ異色なのに気付きました。

この曲は天地真理のアルバム「小さな人生」のなかの1曲ですが、シングルカットされていないので知る人ぞ知る名曲です。とは言っても、オリジナルは下のベスト盤などに収録されているので、比較的容易に聞くことができます。カバー、オリジナルともにオススメです。大好きな曲です。

GOLDEN☆BEST/天地真理 コンプリート・シングル・コレクション・アンド・モア

GOLDEN☆BEST/天地真理 コンプリート・シングル・コレクション・アンド・モア

  • アーティスト:天地真理
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックハウス
  • 発売日: 2002/11/20
  • メディア: CD

この曲に特別なこだわりがあったのでしょうが、ライナーノーツに選曲理由などのコメントがないのはもったいない。それぞれの曲にひと言ずつほしいです。

膨大な筒美作品から10曲を選ぶのは至難の業なのでしょうが、いしだあゆみ岩崎宏美の楽曲も歌ってほしかったなあ。まだまだネタはあるので続編にも期待したいです。

【関連記事】