退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

「NHK紅白歌合戦」を見て

年末は家で「NHK紅白歌合戦」をちらちら観ていた。

いちばん印象に残ったのは、前川清「東京砂漠」だった。この歌が好きだということもあるが、バックコーラスが4人だったのが心に残った。もちろんこれは内山田洋が2006年に物故しているためだが、なんだかとても寂しく思えたのだ。

他は、Mr.Childrenが出場したのが目を惹いた。あと石川さゆり天城越え」のバックにマーティ・フリードマンが登場したのはサプライズだった。

でもPerfumeやSPEEDにも期待していたが、とくに紅白ならではの見せ場もなく肩透かしをくらった気分だ。残念だった。

番組的には低調だったが、地デジの可能性は感じた。番組映像と同時に曲順リストを表示させて、進行状況を知ることができるなど、地デジならではの機能はなかなか便利だ。通常の番組でも、データ放送に力を入れれば、地デジの利便性を訴求できるのではないか、と紅白を見ながら思った。