退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

中大生YouTuberステハゲの停学期間が満了し処分解除される

連休中、溜まっていた動画を見ていると、中央大学商学部から停学処分を受けていたミスター中央大学ことステハゲの停学期間が満了していました。もう2か月も経ったとは時の流れは速いですね。これまでの経緯については以前の記事を参照してください。

停学期間が満了したというTwitterはこちら。

そして動画はこちらです。なぜか半裸で絶叫していますがこれが彼の芸風でしょうか。

停学期間、満了。よみがえりしミスター中央大学、魂の男泣き

私は大学生YouTuberの動画が好きでいろいろ見ていますが、さすがにステハゲは大学生の日常とはかけ離れています。非日常を楽しむ動画に成り果てています。3つの大学を渡り歩き、退学・浪人・停学を経験するという波乱万丈のステハゲの人生にミライはあるのか。親でなくても心配ですね。

停学期間満了前に大学と面談があったそうですが、その内容は「大人の事情」で話せないとのこと。反省レポートも提出したようですね。このあたりの大学との折衝がいちばん興味があったのですが詳細がわからず残念至極。

しかし「留年は避けたい」という趣旨の不服申立てを提出したことが奏功して、ステハゲは「奇跡」が起こるかもという楽観的な見通しを述べています。さてどうなるのでしょう。動画のなかでは被害者ヅラしてどうなのコイツと思いますが……。やれやれ。

さて今後の関心は、奇跡が起こってステハゲは今年度卒業できるのか、それとも留年してしまうのかという一点です。さらに長期的なことを言えば、ステハゲは将来どのように生きていくのか。人生設計はあるのか、とうことも気になります。

まあ新卒切符を使って就活しないのであれば、私大文系は卒業にこだわる意味もないでしょう。退学してもいっこうに困らないはずです。どうして卒業にそれほど拘泥するのか一度訊いてみたいものです。

中央大学(商学部−一般入試・センター併用方式) (2020年版大学入試シリーズ)