退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

【映画感想】『フランケンシュタイン対地底怪獣〈バラゴン〉』(1965) / 日本特撮映画の記念碑的作品

新文芸坐のオールナイト《新春新文芸坐バラゴンまつり+1》で『フランケンシュタイン対地底怪獣〈バラゴン〉』を見てきました。東宝特撮の異色作。ウルトラマンの原型とも言われている作品です。

戦時中、ナチスドイツで研究されていた永遠の生命を持つ心臓。これが日本に渡り、何故かこの心臓がフランケンシュタインに成長します。このフランケンシュタインは広島の病院で研究対象として育てられますが、マスコミの取材中、フラッシュライトの刺激を受けそのまま逃げ出してしまいます。その後も急成長を続け巨大化していき手に負えなくなります。

多量のタンパク質を必要とするフランケンシュタインは家畜を襲いながら逃亡を続けますが、次第に追い詰められていきます。一方フランケンシュタインの逃走経路とは別の場所で同じような被害が報告されます。地底怪獣バラゴンの出現です。

この2匹の怪獣はついに遭遇し、山火事のなか戦闘を繰り広げます。このシーンが映画最大の見所。人型の怪獣と恐竜型の怪獣との戦いは、後年円谷プロダクションの目玉商品となるウルトラマンの原型というわけです。


フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)(プレビュー)

腑に落ちないといえば、フランケンシュタインはバラゴンを撃退した後になぜか山中にもかかわらず大ダコに襲われ湖に沈んでいきエンディングになるのも、唐突すぎて納得できません。

さらに言えば、バラゴンを登場させずにフランケンシュタインの悲哀を強調した方が、ヒューマニズムを強調した映画としてよかったかもしれません。

東宝らしくない映画なのですが、海外資本が参加していていろいろ注文をつけていたようです。それならば仕方ないのかなとも思います。特撮映画としては大満足です。

f:id:goldensnail:20190106175529j:plain