退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」がNHK総合で放送されるけど……

2015年から2018年にかけて全6話で劇場上映された「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」が、2019年4月からNHK総合テレビで放送されることが発表されました。

全6話を劇場で見てしまったほど好きな作品ですが、今回は13本のテレビシリーズに再編集して放送されるほどです。何でそういうことするかなぁ。NHK様ならオリジナルのまま放送してほしかったです。30分のアニメ枠にこだわることもないでしょう。

このテレビシリーズに再編集という話を聞くと思い出すのは、「機動戦士ガンダムUC」の悪夢です。この作品もオリジナルはOVAとしてリリースされましたが、「THE ORIGIN」と同じようにテレビシリーズ版に再編種され「機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096」というタイトルで放送されました。これがかなりひどい編集だったので、「またか……」という気持ちになります。

また、かねがねNHKがエンターテイメントを放送する必要はないと私は考えています。公共放送のありかたを見直してNHKは分割して、民業を圧迫しないようにする再編するべきです。

まあ百歩譲って、オリジナル番組にはいいものもあるので、アニメも自主制作(カネを出すだけでもいいけど)で作品を作るのなら見逃していいでしょう。しかし、今回のように作品の放送権だけ買い付けて放送するのはやめてもらいたい。しかもテレビシリーズに再編集という愚行に加担するとは「NHK許すまじ」と言うべきでしょう。

そんなことを考えていたら、アマゾンプライム・ビデオで「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」が全話プライム入りしたと教えてもらいました。私の記憶が正しければ、第5話と第6話がプライムで配信されるのは初めてではないでしょうか。さっそく少しだけ見てみました。なかなかいいですね。

事程左様に既存のアニメ作品の配信などは市場にまかさればいいのです。NHKがエンターテイメント産業に膨大な資金を背景に介入するのはすぐにやめさせるべきです。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN VI 誕生 赤い彗星
機動戦士ガンダム THE ORIGIN ルウム編 V 激突 ルウム会戦