退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

【映画感想】『ビブリア古書堂の事件手帖』(2017) / 主演二人はミスキャスト?

近くのシネコンで映画『ビブリア古書堂の事件手帖』(2017年、監督: 三島有紀子)を見てけた。ベストセラーとなった三上延ライトノベルの映像化。黒木華野村周平のダブル主演。

私は原作ファンだが、原作を読んだ人とそうでない人とでは評価が分かれそうな映画だ。ストーリーは原作にほぼ忠実であるが、すでに原作を読んだ人にとってはその分ミステリ要素は損なわれている。

この映画は、ヒロインの篠川栞子の配役でほぼ勝負つくように思う。ラノベが原作なので読者は妄想を膨らませてしまうのは仕方ないが、いくらなんでも栞子役に黒木華はない。地味すぎる。

「巨乳美人」という設定にこだわるわけではないが、かなりイメージが違うと思ったのは私だけはないだろう。演技力に定評がある女優なので芝居はしっかりしているし、後ろ姿はそれらしく見えるが、やはりコレジャナイ感を最後まで払拭できなかった。原作本のカバーイラストはこんな感じでした。

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)

キャストついてもっと言えば、五浦大輔役の野村周平もイメージがちがう。もっと大柄でマッチョな俳優が演じるべきだろう。せっかく祖父を長身の東出昌大が演じているのに、長身が遺伝するという設定を活かしきれていない。

この主演二人のキャスティングがイマイチだという時点で、原作の読者にとってはいかに映画的にすぐれていても失敗作になってしまう。この映画を封切り時に見に来るのは、原作ファンがほとんだろうから、かなりハードルが高い。もっともキャストを知って映画を観に行くのをやめた人も結構いるかもしれないが……。


映画『ビブリア古書堂の事件手帖』予告編(主題歌入り)

しかし映画ならではの良い点もあった。大輔の祖父(夏帆)と実の祖父(東出昌大)の若い頃の恋愛をたっぷりと尺を取って描いている点である。この昔の悲恋物語と現代のストーリーが交差しながら進んでいく構成も映画らしくて面白い。

最後、太宰治の『晩年』の稀覯本が本当に失われのだろうか、『晩年』に異常に執着していた稲垣(成田凌)は結局どうなったのか、という顛末があいまいなまま放置されているのは気になる。原作に忠実といえばそうなのが、映画だけ観た人は物足りなく感じるのではないか。

まあ原作のストックはたっぷりあるので、興行成績がよければ続編もあるのだろうが果たしてどうなるだろう。個人的には続編があっても今度は封切りでは見ないと思うが、二番館あたりでなら見たい。そのくらいの手応えだった。