退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

【映画感想】『女神の見えざる手』(2016) / 知られざるロビイスト業界を覗いてみる

新文芸坐で映画『女神の見えざる手』(2016年、ジョン・マッデン監督)を鑑賞。ジェシカ・チャステインが辣腕ロビイストを演じたサスペンス・スリラー映画。

女神の見えざる手 [Blu-ray]

女神の見えざる手 [Blu-ray]

大手ロビー会社で辣腕を振るっていた政治ロビイストのサローン(ジェシカ・チャステイン)は、新たな銃規制法案を廃案に追い込んでほしいという、会社上層部から依賴を断り、小さなロビー会社に部下たちを引き連れて移籍する。法案成立に向けて精力的にキャンペーンを始める彼女に対して、古巣の大手ロビー会社は対決姿勢を強めるのだが……。


Miss Sloane Official Trailer - Teaser (2016) - Jessica Chastain Movie

日本では馴染みのないロビー活動が取り上げられているので、見たことのない世界を見せてくれるという点で映画の醍醐味を味わえる。テーマから政治絡みのややこしい話かと思いきや、二転三転するスリリングな展開でまったく飽きずに最後まで見られた。娯楽映画としても優れている。

最大の見所は主人公のサローンがハニトラの罠にかかるところ。筋肉もりもりのイケメン男娼を相手にベッドの上でハッスルするシーンにジェシカ・チャステインの女優魂を見た。ちょっとサイコじゃないかと思える主人公を熱演して本当に素晴らしい。

全編でジェシカ・チャステインの一人舞台の感があるほどに存在感を発揮している。共演者たちが支えているからこその一人舞台なのだろうが、この映画の大部分を彼女に負っているといっても過言ではない。その点ではバランスを欠き、やや座りが悪い映画にも思える。

終盤主人公はロビー活動で違法行為を重ねていてため収監される。服役後、出所した彼女を刑務所の外で待っていたいた人がいた。それが誰かは映画では明らかされず、観客の想像に委ねられている。なかなか粋な演出である。いろいろ想像してみるのも楽しいだろう。

アメリカでは銃乱射事件が日常茶飯事のように発生して無辜の市民が犠牲になっている。しかし、いっこうに銃規制する動きがない。銃規制反対派の資金力がスゴいという話は聞く。しかし現在のひどい状況に対して資金力は関係あるのだろうかと思っていたが、この映画を見ると銃規制がいかに難しいか少し分かったように気がした。

そもそもロビー会社が豪奢なオフィスを構えているのを見ただけで、立派な「産業」として成立していることがわかる。そこに莫大な資金が投じられて政治ロビイストがたちが政治に関与するのだから市民の声が政治に反映しないのも納得できる。民主主義の限界を感じさせる。

f:id:goldensnail:20180610164651j:plain:w360