退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

愛希れいかが「宝塚GRAPH」7月号の表紙だった(観測史上3人目)

今月の雑誌『宝塚GRAPH』(2018年7月号)の表紙が、月組トップ娘役「ちゃぴ」こと愛希れいかさんでした。

宝塚GRAPH(グラフ) 2018年 07 月号 [雑誌]

宝塚GRAPH(グラフ) 2018年 07 月号 [雑誌]

表紙はバストショットですが、この衣装とコーディネートされているスカートの柄が想像以上にビビッドで驚きました。是非、巻頭グラビアで確認してください。美しく撮れていますよ。

f:id:goldensnail:20180621214329j:plain:w400

以前、2006年あたりまで遡り、娘役がひとりで表紙を飾った号を数えたことがあります。この時期が個人的な観測開始時期ですが、今回のちゃぴは、花總まりと夢咲ねねに続いて3人目になります。

さらに「宝塚グラフ」と雑誌名がカタカナ表記だった時代まで範囲を広げると、娘役がピンで表紙に登場する事例はかなりあることがわかっています。しかし直近12年間の観測期間にわずか3人というのはかなり少ないと言えるでしょう。

愛希れいかさんは、今年11月の東京宝塚劇場公演「エリザベート -愛と死の輪舞-」の千秋楽を最期に退団することが発表されています。ラストが「エリザベート」という歌中心の演目なのはどうなのか、ダンスが映える演目のほうがいいのではと思いますが……。とにかく最後まで無事に駆け抜けてほしいものです。

宝塚GRAPH (グラフ) 2006年 06月号 [雑誌]
花總まり (宝塚GRAPH 2006年 6月号)

宝塚 GRAPH (グラフ) 2013年 01月号 [雑誌]
▲夢咲ねね (宝塚GRAPH 2013年 1月号)