退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

【映画感想】『ビジランテ』(2017) / 地方都市の閉鎖性はうまく描けているが救いようのないラストは暗すぎるかも

新文芸坐で映画『ビジランテ』(2017年、脚本・監督:入江悠)を鑑賞。埼玉県深谷市をモデルに閉鎖的な地方都市の暗部を描いた作品。大森南朋鈴木浩介桐谷健太らが出演。

ビジランテ [DVD]

ビジランテ [DVD]

モールの誘致計画を進める、埼玉県の閉鎖的な地方都市が舞台。地元有力者の父親から暴力を振るわれていた育った進藤三兄弟は、それぞれ別の道を歩んでいた。長男・一郎(大森南朋)は家出して30年も行方知れずのまま、次男・二郎は父の跡を継ぎ市議会議員になり、三男・三郎は暴力団の下で風俗店の雇われ店長をしている。父の死をきっかけに三兄弟は再開し、父の遺産である土地の相続をめぐって争うようになるが……。


「ビジランテ」予告編

SR サイタマノラッパー』と『アウトレイジ』が混じったような話。閉鎖的な地方都市の様相はリアルすぎるほどよく描けていて、監督の持ち味が存分に発揮されている。実際、首都圏といわれている地域でもちょっと郊外に出ればこうした利権絡みの話がゴロゴロしていそうである。

ただし三兄弟物語としてはやや不満。兄弟が和解して大団円になるのかと思いながら見ていたところ、暴力の嵐の末に、まったく救いような結末となり驚いた。他に落とし所はなかったのだろうか。ひどく後味の悪い映画である。

出演者では三兄弟の他では、市会議員の次男の嫁の篠田麻里子がよかった。夫をぐいぐい引っ張っていき、県政、国政まで上り詰めそうな野心満々の"あげまん"ぶりが潔い。最近女優業で活躍している彼女の今後に期待したい。

f:id:goldensnail:20180526202257j:plain:w360