退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

【映画感想】『エクステ』(2007) / 栗山千明様を愛でる国産サスペンス・ホラー映画

新文芸坐のオールナイト《追悼・大杉漣 いつもそこにいた名バイプレイヤー》で映画『エクステ』(2007年、園子温監督)を鑑賞。主演は栗山千明。国産サスペンス・ホラー映画。

エクステ [DVD]

エクステ [DVD]

ヒロイン・優子(栗山千明)が働く美容院にある日、変な男・山崎(大杉漣)が現れてエクステの試供品を置いていく。山崎は警察の死体安置所に勤務していることを利用して、死後も髪が伸び続ける少女から取った髪の毛でエクステをつくっていた。そしてエクステをつけた女性たちが殺されていく奇怪な事件が次々に起こるが……。


エクステ(予告編)

大杉漣は髪フェチロン毛のメガネおじさん山崎を演じ、「ヘアヘアヘア〜♪」と暴走気味。やり過ぎだろと思ったが園子温監督作品ならちょうどいいのか。

今回のような企画でなければ、自分では見ないタイプの映画だが、栗山千明様をスクリーンで見られたので満足。あの長い黒髪は髪フェチに狙われますよね。ナイスなキャスティング。ラストで栗山が気丈に大杉と対決する姿は必見。

髪の毛が人を襲う超自然現象のホラーも怖いが、それより幼児虐待や、臓器売買のため少女が誘拐され臓器を摘出されるシーンのほうが怖い。いちばん怖いのは人間そのものということらしい。

f:id:goldensnail:20180504183808j:plain