退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

【映画感想】『ザ・ウォーク』(2015) / WTCで綱渡りした実在の大道芸人を映像化

映画『ザ・ウォーク』(2015年、監督:ロバート・ゼメキス)を鑑賞。1974年に今はなきニューヨーク市のワールドトレードセンターのツインタワーの間を綱渡りしたフランス人の大道芸人フィリップ・プティを描く。主演はジョゼフ・ゴードン=レヴィット。

こうした話がどうやったら長編映画になるのだろうかと思いながら見始めたが、これまでに見たことがない映像で見応えがあった。

この映画は2部構成。前半はフランスを舞台に、主人公の生い立ちやニューヨークでの綱渡りを決意するシーンが描かれる。さらに途中で出会った女性とのラブロマンスがストーリーに色を添える。しかし、どうして綱渡りにそれほど執着するのか動機がよくわからなかったのは難点。

後半は恋人を連れて渡米して、いよいよ綱渡りに挑む。現地で仲間を集めながらさまざまな困難を克服して、違法行為である綱渡りを成功させる。その過程は、『オーシャンズ11』(2001年)のようなクライムアクションを想起させる。


THE WALK - Official Trailer [HD] - Oct 2015

前半はやや退屈だったが、後半に加速度的に面白くなる。圧巻はやはり本命の綱渡りシーン。CGなのは疑いようもないが、これまで見たことがない映像で驚いた。公開時にIMAX3Dで見ておかなかったことが悔やまれる。

あと主人公が偉業(?)を達成したあと、恋人だけあっさりフランスに帰国するのは、自立したフランス女性らしいなあ、と思ったものだ。

あまり考えなくてもいい映画なので、誰が見てもそれなりに楽しめるエンターテイメント映画に仕上がっている。見て損のない映画です。

【映画パンフレット】 ザ・ウォーク   監督 ロバート・ゼメキス キャスト ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ベン・キングズレー、シャルロット・ルボン、ジェームズ・バッジ・デール