退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

B&O Playのワイヤレススピーカー「Beoplay M3」が良かった

日本では今月リリースされたB&O Playのワイヤレススピーカー「Beoplay M3」を試してみました。一応、Bluetoothスピーカーに分類されるのでしょうが、本モデルはWi-Fiを搭載しており、AirPlayをサポートしている高さ15cmほどの比較的小さなワイヤレススピーカーです。

日本での発売は年明けになりましたが、海外では昨年秋にリリースされていて、すでに数々のレビューがあがっています。ざっくり眺めてみましたが概ね好評なようです。気になっているスピーカーです。

まず伊勢丹新宿本館にあるBang&Olufsenのブースに行ってみました。そこで初めて実機を確認。思ったより小さいがさすが趣味の良い高級感のあるデザインです。近くにWi-Fiルーターが設置されていデモをお願いできそうでしたが、高級ブティックのような雰囲気に尻込みして早々に退散。

次にホームグラウンドともいうべき西新宿の某量販店に移動。そろそろ新製品の展示あってもいいよね、と思いながらチェックするとありました。

f:id:goldensnail:20180128202049j:plain:w420

さっそくBluetoothiPhoneと接続して試聴してみました。試聴するには環境が悪いので確かなことは言えませんが、「小型スピーカーのわりには高音質でよく鳴る」という海外レビューがうなずける音で好印象です。

おそらくニアフィールドで小さな音量でも楽しめるスピーカーじゃないかと思います。ほしくなりました。

カラーはブラック、ナチュラルと2つのタイプが用意されていますが、スピーカー・グリルの材質が違うので要チェックです。ブラックは金属メッシュ、ナチュラルはファブリックが用いられています。また小型スピーカーですがバッテリー駆動ではないので、AC電源が必要なことも注意が必要です。

最近、スマートスピーカーが流行していてWi-Fiを搭載したスピーカーの新製品が目立ちますが、AirPlayをサポートしたスピーカーは少ないのは残念。小型のAirPlay対応スピーカーをさがしている人には有力な選択肢となるでしょう。


Introducing Beoplay M3: Powerful and Company wireless speaker

ただ、英語圏ではいよいよ来月、Appleから「HomePod」がリリースされます。日本での発売時期は未定ですが、ワイヤレススピーカーを買うなら、「HomePod」を見てからかなという気もします。少し頭を冷やして考えてみたいと思います。