退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

NHK-BS「ニッポンアニメ100 あけおめ!声優大集合」がすごかった

まだまだ年末年始に録画したテレビ番組を消化中。

週末、大みそかの午後11時45分から元日午前4時50分までNHK BSプレミアムで生放送された「「ニッポンアニメ100 あけおめ!声優大集合」を見た。およそ5時間にわたる年越し番組。

公式サイトで投票を呼びかけた好きなアニメキャラクターや、もう一度聞きたい名セリフを番組内で発表するほか、声優による「生アフレコ」や、過去の人気作を声優の視点で振り返るコーナーを放送された。出演した声優か下のとおり。

www.nhk.or.jp

出演者はさすが実力者揃いと唸らせるメンツだったが、なかに2017年に大ヒットしたテレビアニメ『けものフレンズ』のサーバル役に抜擢された尾崎由香がいたのが目立った。「生アテレコ」は大丈夫なのか、事故るのではないかと心配したが、意外に上手かったのでビックリ。なかなかやるなぁ。

figma けものフレンズ サーバル ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

番組では「あなたが好きなアニメキャラ投票」の結果も発表された。ランキングはここを参照のこと。第1位は「TIGER & BUNNY」の鏑木・T・虎徹(CV:平田広明)だった。そういえば昨年の「ベスト・アニメ100」でも「TIGER & BUNNY」が第1位だった。根強い人気があるのか、それとも組織票なのか分からないが、どうも腑に落ちない。

年末年始の特番にふさわしい企画で楽しく見れたが、本来は生で見てインタラクティブに参加するべき番組だろう。さて、これが公共放送のやるべき番組かといえば、大いに疑問があるがまあよいことにしよう。