退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

Kindle Oasis 新モデルリリース 防水&7インチディスプレイ

Amazonが、電子書籍リーダーKindle Oasis」の新モデルを発表しました。Kindle電子書籍リーダーの最上位モデルになり、昨年4月に発売された「Kindle Ossis」の後継機になります。新モデルの特徴は、7インチ大画面、防水(IPX8相当)が挙げられます。

Kindle Oasis (Newモデル) 8GB、Wi-Fi、電子書籍リーダー

Kindle Oasis (Newモデル) 8GB、Wi-Fi、電子書籍リーダー

私自身は、今年夏にKindle Paperwhite購入したばかりなので今回はスルーですが、最近Kindleを使用する機会が多いこともあり気になるモデルです。防水になったことが話題になってますが、私は風呂でKindleを使おうとは思わないでのそれほど惹かれません。私が気になるのは、次の2点です。

第1にKindle電子書籍リーダとしては最大の7インチディスプレイ。現在使用しているKindle Paperwhiteのディスプレイサイズは6インチですが、マンガを読んでいるともう少しディスプレイが大きいといいな、と思うことが多いです。7インチで十分なのかすぐには分かりませんが、気になります。このモデルで7インチディスプレイを調達することになるので、いずれ普及モデルのも7インチディスプレイが採用されるといいなと思います。

第2は独特のデザインです。旧Kindle Oasisは本体とカバーのそれぞれにバッテリーを搭載するという一風変わった構成でしたが、新モデルでは本体の内蔵バッテリーだけになり、ちょっと変わった左右非対称のデザインになりました。重心のある厚い部分を握ることで、実際の重さよりは軽く感じさせるねらいでしょう。ただの一枚の板の方が扱いやすい気もしますが、新モデルが実際に持ちやすいのかは不明です。なお実際の重さは194g。これは現在使用中のKindle Paperwhite (205g)より少しだけ軽いようです。

f:id:goldensnail:20171013213617j:plain

ちょっと気になる新型Kindle Oasisですが、お約束の「でもお高いんでしょ?」との声がかかりそうですね。ズバリ3万円コースです。まあ電子書籍でガンガン読書している人にとっては、価格相当の満足感が得られそうですが、私にとってはやや高価な印象を受けます。


The updated Kindle Oasis e-reader review