退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

テレビドラマ「重版出来!」がよかった

Amazonプライム・ビデオでテレビドラマ「重版出来!」(全10話)を見ました。原作は松田奈緒子の同名コミック。2016年4月からTBS系列で放送されたテレビドラマです。主演は黒木華、脚本は野木亜紀子

重版出来!  Blu-ray BOX

重版出来! Blu-ray BOX

タイトルの重版出来(じゅうはんしゅったい)とは、初版が売り切れて再度刷りなおすこと。関係者全員がシアワセになれることで誉れである。コミックを最初に読んだときは「じゅうはんでき」と読むかと思いましたが違いました。

第1話 夢を描いて感動を売れ!涙と勇気がわきだす新人編集者奮闘記!

コミックのファンだったのでテレビドラマ化されると聞いて、当初大丈夫かなと思いました。既にリアルタイムでテレビドラマを見る習慣はなくなっていたので、放送時は気になっていたもののスルーしてました。今回Amazonプライムビデオで配信されていたのを見つけて一気に見ましたが、なかなかよかったです。

週刊コミック誌の新人女性漫画編集者・黒沢心(黒木華)を主人公に漫画家を支える編集者の仕事を描くドラマです。出版社の裏方の人たちの働きがあって初めて、一冊の本が読者の手元に届くという現実をさまざまなエピソードを通して紹介していきます。

ドラマ化の報を聞いたとき、誰がちんちくりんの主人公を演じるのかと興味津々でしたが、なんと黒木華が主役に起用されました。どうかな思って見始めましたがまさに適役。やはり黒木は上手いなあ。さすがです。

コミックの第8巻でテレビドラマの影響で原作の主人公の絵柄が変わっていたという報告があって少しショックでしたが、ドラマを見てなるほど納得しました。

重版出来! 8 (ビッグコミックス)

重版出来! 8 (ビッグコミックス)

このドラマは原作からのエピソードを中心にうまく構成されていて、原作の持ち味が損なわれていないことも原作ファンとしてはうれしいところ。またドラマに登場するマンガを本物漫画家が描いているとことも実写化ならでは魅力です。

また個人的には、主人公が務める出版社の面々が集まる小料理屋「重版」を営む女将役で野々すみ花が出演していたのも朗報でした。ほとんどストーリーに絡んでこないのは残念でしたが……。

よく出来たテレビドラマだと思いましたが視聴率は散々だったらしいので、続編があるかは不透明だが是非続きを見てみたい作品です。