退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

「ガラスの仮面」展 @松屋銀座

松屋銀座で開催中の連載40周年記念「ガラスの仮面」展に行ってきました。典型的なデパートのイベントという雰囲気の会場でしたが楽しめました。

f:id:goldensnail:20170901204437j:plain:w420

原画とカラーイラストがメインですが、演劇漫画ということもあり劇中劇ごとに整理された展示がユニーク。「ガラスの仮面」ならでは展示だと思います。思い返すと「ガラスの仮面」があまりにもスゴいので、他の演劇漫画が目立たないのはちょっと残念にも思います。

あとインパクトがあったのは「紫のバラの人」こと速水真澄のコーナーです。他のコーナーとは隔てられていて紫のバラの壁紙が迎えてくれます。当初は主人公の北島マヤに冷たくあたるが、やがて彼女を愛していう設定ですが、あらためて原画を見ていくと、ふたりは何歳ちがいだよと突っ込みたくなります。まあ「愛に年の差なんて……」ということでしょうか。

コミックのほかにも、舞台化されたときに使用された舞台衣装の展示もありましたが、舞台の写真がないのは残念。写真で歴代の月影千草そっくりさん大会をやってほしかったです。ちなみにアニメ関連の展示はありませんでした。

また録り下ろしの美内すずえ先生のインタビュー映像の上映もありました。そのなかの「決してラストをあきらめたわけではありません」と言っていましたが、あきらめてもらったら困るよと言いたくなりましたが、本当に完結するのだろうかと思った次第です。

これを機にコミックを読み返したくなりましたが、かなり長いからなぁ……。


「ガラスの仮面」連載40周年記念で展覧会 作者・美内すずえも登場

余談ですが、会場のとなりには「喫茶月影」という臨時のカフェがありました。商魂たくましいですね(笑)。

f:id:goldensnail:20170901204451j:plain:w420