退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

【映画感想】『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016) / 家族の“熱い”愛を描いた感動ドラマ

新文芸坐で映画『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016年、監督・脚本:中野量太)を鑑賞。主演は宮沢りえ

湯を沸かすほどの熱い愛 通常版 [Blu-ray]

湯を沸かすほどの熱い愛 通常版 [Blu-ray]

銭湯を営む幸野家だが、父(オダギリジョー)が家出して銭湯は休業状態。母・双葉(宮沢りえ)はパートをしながら娘・安澄(杉咲花)を育てていた。しかしある日突然、職場で倒れ2か月の余命宣告を受ける。その日から双葉は「死ぬまでに絶対にやるべきこと」を決めて着々と実行していく。

余命宣告された主人公が残された人生をいかに生きるかを描く映画は多い。いわゆる「余命宣告モノ」であるが、この映画もそのひとつに分類できる。これまでにやり尽くされたジャンルでもあり、どのような新規性を打ち出していくのだろうと思いながら見始めた。


『湯を沸かすほどの熱い愛』予告

母ひとり娘ひとりに母子家庭の生活が導入部になっている。家族愛を描くという映画にしてはさみしい。その後、夫が子連れで戻ってきて銭湯を再開するあたりから賑やかになってくる。裾広がりでいい流れ。

途中から母娘三人で安澄の実母に会いに行くロードムービーになる。なかなかいい展開だが、冷静に考えると突然倒れるほどの重篤な病人が車を運転して危なくないのかなと気になって仕方がなかった。

ラストに双葉の葬儀が銭湯で行われるシーンはユニーク。これまでに見たことのない映像で心に響いた。やられたという感じ。銭湯が舞台にしたのはいろいろな面で奏功している。タイトルも洒落ている。

これまでの「余命宣告モノ」は主人公自身が何をすべきかという映画が多かったが、この映画では家族の再生に全力を尽くす姿が描かれる。映画ではその試みがすべて成功して家族が強い絆で結びついていき、めでたしめでたしとなっている。

しかし少し引いてみるとず主人公はかなり押し付けがましいようにも思える。現実には時間をかけないとうまくこともあるだろうし、そう物事は簡単じゃないだろとも思った。まあ全編通して泣かしにかかっている映画なので、そのウェーブに乗ってみるのも一興かもしれない。

娘・安澄を熱演していた杉咲花が出ていたドラマを見ていた記憶があったが、どのドラマどうしても思い出せずに気になって仕方なかった。帰宅後調べて連続テレビ小説とと姉ちゃん』(2016年)でヒロインの妹美子を演じてきたことがわかった。最近物覚え悪くなって困る。

余談だが映画を見終わって無性にタカアシガニを食べたくなった。そのワケは映画で確認してください。

食玩 チョコQ 日本の動物 第6弾 155 タカアシガニ

f:id:goldensnail:20170723033524j:plain:w420