退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

【映画感想】『惑星ロボ ダンガードA対昆虫ロボット軍団』(1977) / 松本零士原作のTVシリーズの劇場公開版

シネマヴェーラ渋谷の《石井輝男十三回忌》で『惑星ロボ ダンガードA対昆虫ロボット軍団』(1977年、演出:石井輝男、明比正行)を鑑賞。巨大ロボットが活躍する松本零士原作のTVシリーズの劇場公開版。1977年夏の「東映まんがまつり」で公開されたアニメ作品。

地球侵略を企てる昆虫軍団に月面基地が襲われ隊員が血液を抜かれて全滅する。この昆虫軍団に立ち向かう巨大ロボ・ダンガードAの活躍を描くという他愛のないストーリー。

月面基地での殺戮やその後死屍累々の場面に石井輝男テイストが感じられる。が、すでに映画監督としての地位を確立していた時期に、なぜ東映まんがまつりの作品に名を連ねていたのか不可思議。

余談だが、このアニメ自体の記憶ははっきりしないが、ささきいさおが歌う主題歌だけバッチリ覚えていた。人間の記憶は奥が深い。


惑星ロボ ダンガードA対昆虫ロボット軍団(予告編)

f:id:goldensnail:20170610172142j:plain:w420
f:id:goldensnail:20170610172055j:plain:w420