読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退屈な日々 / Der graue Alltag

将来の展望が見えない現代。それでも映画や本を楽しみ、ダラダラと過ごす日常を生暖かく記録する。

【映画感想】『日本で一番悪い奴ら』(2016) / 警察史上最大の不祥事をモチーフにした驚愕のドラマ

新文芸坐の《気になる日本映画達<アイツラ> 2016》で映画『日本で一番悪い奴ら』(2016年、監督:白石和彌)を鑑賞。稲葉圭昭のノンフィクション「恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白」が原作。いわゆる稲葉事件をモチーフにしている。

諸星陽一(綾野剛)は柔道の腕を買われて北海道警に入庁し刑事となる。強い正義感を持ちながら成績は冴えずに悶々と日々を過ごしていた。ある日、先輩の敏腕刑事(ピエール瀧)から捜査のイロハを叩き込まれる。点数を稼ぐには裏社会と癒着し、“S(スパイ)“をつくるというものだ。言われるままに違法捜査に手を染め、ノルマ達成のため徐々に転落してく諸星の姿を描く。

主演の綾野剛はそれぞれの年齢の主人公を演じ分けているのが素晴らしい。覚醒剤中毒者の演技は必見。また落ちぶれた諸星が、柔道をやっている高校生に雪の上に見事に投げられるシーンが印象に残った。どうしても柔道チャンピオンに見えなかったが綾野だが、このシーンはちょっとよかった。

ノルマ達成のため違法捜査に覚醒剤密売、ついに覚醒剤使用で逮捕される現役警官による前代未聞の事件のインパクトがすごい。例えば拳銃摘発のために大量の覚醒剤密輸をわざと見逃すシーンでは映画館に笑いが漏れていた。事実は小説より奇なりというところか。


映画『日本で一番悪い奴ら』予告編

本作は映画そのものの魅力は乏しい。とくに諸星が一線を超えて悪に手を染めるようになる過程が納得いかない。コメディとして楽しむにも事件が深刻すぎて乗り切れない。ただの柔道バカなのか? それでも警察史上最大のの不祥事を扱った事件性がユニークなので最後まで飽きずに見られるのは美点。